忍野さら 2020年の目標はミュージックビデオに出ること!

12月22日、グラビアアイドルの忍野さらさんの『2020年カレンダー』(トライエックス)の発売記念イベントが福家書店 新宿サブナード店で行われた。

バリで撮影された2020年カレンダーについて「肌の白さをすごく褒めていただいて、良い感じに透明感が出せたんじゃないかなと思います。全体的に王道のグラビアという感じです。最後の月は大人セクシーな感じです。」と紹介。

どこに飾って欲しいか聞かれると「全部バラバラにしてもらって、全部の部屋に飾って欲しい。」とコメント。

2019年を振り返り、「今年はわがままになったような年で、意思が強くなったというか・・・。ここ1・2年はいろんなものへの葛藤があったり、例えば、散らかってる部屋みたいな感じなんですけど、物に溢れていて、何が大事なものかわからなくなってるような部分があったんですけど、今年は年末にかけて、散らかっている部屋と見つめ合って、整理整頓して断捨離をして身軽な状態でスタート・ダッシュを切るぞみたいな気持ちになれたような、忍野さらってこれからだなと自分の中で思えたような1年でした。」と振り返る。

続けて「お芝居に出られたことがすごく大きくて、ドラマの撮影をさせていただいて、普段からワークショップでお芝居のお稽古をさせていただいてるんですけど、お芝居で得たものがグラビアだったり、他のお仕事だったり、いろんなものへの栄養になってる感じで、すべてにおいてレベルアップして行けてるんじゃないかなと思います。」と語っていた。

2020年は「テーマは女優! 私、器用なタイプじゃないので、余裕が無い時は何も上手く行かないし、余裕が持てるように日頃からコツコツ努力して行ったり、時にはカラオケに行ったりとかして、余裕を持った自立した女性を目指したいです。目標はミュージックビデオに出たい! 音楽も大好きですし、お芝居も頑張ってるので、ミュージックビデオに出ることと、ドラマとか映画とかお芝居の方面で飛躍して行けるように頑張りたいです。」と語っていた。

次のページに写真有り

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事も読まれています
 
グラビア トピックス ニュース
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました