吉田早希 初めてのカレンダーは16年の歴史の小ささみたいなものを一緒に味わっていただけたら

アイドル グラビア サブカル トピックス ニュース

12月15日、グラビアアイドルの吉田早希(よしだ さき)さんの『2020年カレンダー』(トライエックス)の発売記念イベントがブックファースト新宿店で行われた。

吉田早希さんにとって初めてのカレンダーになるそうで「芸能活動を初めて16年目になるんですけど、年齢が上がって来るとこなして行くことって多くなって行くとは思うんですね。だけど新しいことをやらせていただけるチャンスを貰えるっていうことはすごく有り難いなと思って、こういうチャンスをいただけたのですごく嬉しかったです。」とコメント。

9月に都内で撮影された本作について「昔からグラビアアイドルのカレンダーを見ているので、なるべく季節性というか、アイドルのカレンダーって1月はお正月で、3・4月は春っぽくてとか、そういうのをちょっとでも取り入れられるように撮りました。」と紹介。

お気に入りのページが5・6月のページで「女の子っぽいというか、用意してくださったスタジオがすごく可愛いスタジオで、今までしっとりと撮ってきたので、“こんなに可愛く撮られていいんだろうか”という気持ちがあって、、めちゃくちゃ小っちゃい衣装を用意してもらって、可愛い衣装と、16年の歴史の小ささみたいなものを一緒に味わっていただけたらいいなと思うので、お気に入りです。」とニッコリ。

飾って欲しい場所は「トイレとかに置いていただけたら・・・。毎日絶対目にするところかなと思うので・・・。」と語っていた。

次のページに写真有り

タイトルとURLをコピーしました