新木優子 総額約1億5千万円のエレガントなドレスとジュエリーを身に着け GINZA SIX「Rooftop Star Garden」点灯式に登場!

11月26日、銀座で最も星に近い GINZA SIX 屋上庭園で初のイルミネーション「Rooftop Star Garden」点灯式が行われ、女優の新木優子さんが総額約1億5千万円のエレガントなドレスとジュエリーを身に着け登場した。

「Rooftop Star Garden」は地上約56mに位置する銀座で最も星に近い 銀座最大のGINZA SIX 屋上庭園で、無数の流れ星が降り注ぐ演出で、星がテーマのイルミネーションが見られるイベント。

新木優子さんは5つのクリスタルがはめ込まれている六角形の点灯台の前に行き、GINZA SIXにちなみ6つ目のクリスタルをはめ込む形。

カウントダウンが行われ、その6つ目のクリスタルをはめ込むと、煌びやかなイルミネーションが点灯された。

点灯されたイルミネーションを見た新木優子さんは「すごく素敵ですね。幻想的で且つ色とりどりで、いろんな四季を感じたり、色味で見る人によっていろんな印象を与えるような演出だったなと思います。」と感想を語っていた。

着用している衣装について、新木優子さんは「ポイントは今年トレンドのチョコレートカラーのドレスを着させていただいたのがポイントで、そこに合わせて、今回はジュエリーもダイヤで統一させていただいて、すごく華やかさがプラスされて、フリンジがすごく使われている衣装なんですけど、ブレスレットもフリンジになっていたり、そこも合わせているというか、キレイなポイントになってるかなと思います。」とポイントをコメント。

ショパールのジュエリー、ディオールのドレス 合計で総額約1億5千万円のものを身に着け「すごく憧れのブランドだったので、今回身に着けることができてすごく嬉しいです。」とニッコリ。

「Rooftop Star Garden」のイルミネーションは星がテーマということで、星に願いをかけるとしたらの質問に、「一番は今年も1年自分のやりたい事に挑戦させていただいて、私生活も充実する日々で、休日いろんなところに行かせていただいたりしたので、こういった日常がこれから先も続きますようにというお願いをしたいと思います。」と語っていた。

2020年はどんな年にしたいか質問されると「今年すごく私生活とお仕事が両立していて、充実していて、私生活が充実することによっていきいきとお仕事させていただくことができたりしたので、来年はもっと私生活をどうやって充実させるか考えながら、お仕事もパワーアップして頑張れるように頑張りたいなというのと、2020年は東京オリンピックも有るということで、本当にたくさんの方がいろんな挑戦をしていく年になると思うので、私も一生懸命いろんな物に挑戦していける、そんな2020年になればいいなと思います。趣味を増やしたいなと思っていて、今年お仕事でボルダリングに挑戦させていただいて、すごく楽しかったのでちゃんとボルダリングに挑戦してみたいなと思います。」とコメント。

新木優子さんは「恋人や家族、自分の大切な人、友達、そういった方と日常からちょっと離れた幻想的な空間を楽しんでいただいて、すごく特別な1日になる素敵な場所だと思うので、是非たくさんの方に訪れていただいて、たくさんの素敵な思い出を作っていただければいいなと思います。」と語っていた。

GINZA SIXガーデン(屋上庭園)で行われる「Rooftop Star Garden」イルミネーションは2020年2月24日(月)まで開催。

タイトルとURLをコピーしました