蒼井優&前田敦子 第11回TAMA映画賞 最優秀女優賞を受賞!

スポンサーリンク

11月17日、第11回TAMA映画賞授賞式が中央大学 多摩キャンパス クレセントホールで行われた。

この日、中央大学 多摩キャンパスには国内外で活躍する監督や役者たちが勢ぞろい。

2019年に最も心に残った女優を表彰する最優秀女優賞には、『長いお別れ』『宮本から君へ』『斬、』『ある船頭の話』『海獣の子供』に出演し、さらに今年結婚の話題でも注目された蒼井優さんが受賞。

さらに『旅のおわり世界のはじまり』『葬式の名人』『町田くんの世界』に出演し、今年出産を経験し育児にも奮闘中の前田敦子さんが受賞。

蒼井優さんは「こうしてまたこの場に呼んでいただけて本当に光栄です。今回たくさんの作品が対象になってここに呼んでいただけたんですが、一つ一つすごく自分にとっては勉強になった作品です。『斬、』という作品で、塚本晋也監督の映画作りのもと、モノづくりの美しさを身体の底から体感させていただくことができました。それを踏まえて、映画人として映画を作って行くことになると思うのですが、新しい一歩を踏み出す時期に、賞をいただけてとても光栄ですし、ある種の叱咤激励だと思うので、これからも真面目に映画作りをやって行きたいと思います。皆さんもどうかこれからも映画を信じていただけたらなと思います。」と語っていた。

前田敦子さんは「今回、こうやってまた多摩映画祭に戻って来ることができて本当に嬉しいです。こうやってしっかりした役を用意していただけるってありがたいなと思います。今年は映画に一番参加させていただけた年だと思うんですけど、やっぱり映画の世界ってすごく夢が詰まっていて、なんてワクワクするんだろう。やればやるほど思えるというか、映画の世界にいる皆さんの前向きさ、ひたむきさがとても尊敬できるし大好きなので、またこれからどういうペースでやっていくかどうかはゆっくり決めていきながらでは有ると思うんですけど、ガッツリ映画の世界にまた携われる日が来るといいなと、その為にすべてのことをしっかり頑張って、毎日ひたむきにやっていきたいと思います。」と話していた。

 

タイトルとURLをコピーしました