貴島明日香 普段のイメージとは真逆の役をやってみたいと女優への夢を語る

貴島明日香

11月17日、モデルで日本テレビ「ZIP!」のお天気キャスターを務めている貴島明日香さんの『2020年カレンダー』(トライエックス)の発売記念イベントがブックファースト新宿店で行われた。

9月に都内で撮影された今回のカレンダーについて「朝番組をやってたり、モデルのお仕事をしてる貴島明日香では無いところを意識して、(スタッフ)みんなで作ったので、表情やポーズとか、今まで見たことが無い感じのカットになってると思います。」とコメント。

1月・2月のページがお気に入りなんだそうで「肌見せをしていて、(普段の撮影で)お腹とかを出すことが無いので、恥ずかしながらも新しい自分だなという感じがするので選びました。」と紹介。

またカレンダーの最後のページのボーナスページについて「恥ずかしいなと思いながら撮ってもらったカットなので、恥ずかしいけどお気に入りです。」とコメント。

どこに飾って欲しいか聞かれると「目立つところに、一番見るところに貼っていただけたら嬉しいです。」と話していた。

2019年を振り返り「カレンダーを出すのが夢だったので、ファンの方と交流できるイベントも個人でしたいなと思っていたので、新しいことがたくさんできた年だなと思います。」と振り返っていた。

2020年にやりたいこととして「2020年はさらに活動の幅を広めたいですし、来年またカレンダーを出すことが目標ですし、可能であれば写真集を出したいなと思っているので、それを目標に頑張りたいです。」と語っていた。

ちなみに写真集の撮影で行きたい場所を聞いてみると「北海道・・・。沖縄とか・・・。本当はギリシャに行きたいんですけど・・・。」と夢を語ると、さらに演技でやってみたいことを聞くと「多分皆さんが持ってるイメージは朝番組の印象が強いと思うので、真逆の役をやってみたいです。」と夢を語っていた。

貴島明日香 貴島明日香

次のページに写真有り

タイトルとURLをコピーしました