外岡えりか、2020年はお芝居がたくさんできる年にしたい

10月19日、女優の外岡えりかさんの『2020年版カレンダー』(トライエックス)の発売記念イベントがブックファースト新宿店で行われた。

13年連続での発売となる今回のカレンダーについて「干支を超えるさらに13年ということでより感動も大きいです。今回は虹の七色がコンセプトになっていて、衣装が赤・黄色・青・オレンジ・緑・ピンク・ネイティブという風に虹がコンセプトの衣装に決めています。」と紹介。

お気に入りのページは7月・8月だそうで「表紙とのギャップが一番有るカットで、わざと大人っぽくしてるわけでもなくて、わざと子供っぽくしてるわけでもなくて、どっちも今の自分の等身大なのかなと思って、今を楽しんで頂けるかなと思います。」とコメント。

定番の飾って欲しい場所は「飾っていただく方の一番好きな場所に置いて欲しいなと思います。2020年が好きなもので溢れる年になったらいいなと思います。」とコメント。

2019年を振り返り「冒険の年だったかなと思います。お仕事の面でもそうですけど、自分を見つめなおしたりする時間もあって、次に向けての冒険の年になったなと思ってます。プライベートで初めてオーストラリアのエアーズロックに一人旅に行ってきたんですけど、今までの自分だったら勇気が出なかったことなんですけど、一歩踏み出せたので、人生いろんなことに繋がって行ければなと思います。」と明かしていた。

2020年は「私はずっとお芝居がやりたいので、お芝居がたくさんできる年になったらいいなと思うのと、今だと思うことに常に心を動かして、ワクワク常にしているような、そういう年になったらいいなと思います。」と語っていた。

プライベートでは「旅にハマったので次もどこか1人で行きたいなと思っています。カリブ海の方にも行きたいですし、イギリスにも行ったことが無いのでお芝居を見に行きたいなと思います。」と話していた。

動画


次のページに写真有り

タイトルとURLをコピーしました