米倉涼子 病気を乗り越えた天才外科医が帰って来た! ドクターX第6シリーズが10月17日(木)からいよいよスタート!

スポンサーリンク

10月7日、米倉涼子主演 木曜ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日)の制作発表記者会見がテレビ朝日で行われ、主演の米倉涼子さんら豪華出演者陣が勢ぞろいした。

2年ぶりに復活する待望の第6シリーズとなる本作も、東帝大学病院を舞台に、かつてないほどの大赤字に見舞われ、倒産寸前の中、再び東帝大学病院に雇われた大門未知子の戦いが始まる内容。

米倉涼子さんは「やっぱり久しぶりなので緊張しますし、皆さんにお会いできて嬉しいです。」と語ると、「このドラマの前にミュージカルをやっていて、その一か月ぐらい前に低髄液圧症候群という病気になって、脊髄に傷が入って脳の髄液が落ちていく病気で、まっすぐ歩けなくなったり、やる気がなくなったり、2週間は安静のままで、練習もできなくてどうしようと思って、今は元気だから話せるんですけど、このままドクターXができなくなっちゃうんじゃないかなという時に、ドクターXの監修をずっとやってきてくださった監修の先生がちょうど脳外科の方で、ご相談に行って、いろいろアドバイスをいただいて、いろいろ処置をして頂いて、舞台でアメリカに行った時も、以前、ドクターXでお世話になった先生に紹介をしていただいて、なんとか舞台に立てるようになったんですね。なのでこの場を借りて、その先生方にお礼を申し上げたいなと思って、本当にありがとうございました。」と告白。

続けて「前回最後に大門未知子が大病したんですけど、外科医も医者も患者になるべきというセリフがあって、私は本当の医者では無いんですが、お医者様に頼る気持ちとか、的確な意見とアドバイスと処置を、すぐに求める気持ちとかは、心の中で、“こういうことなんだ”と実感できたんですね。原守(鈴木浩介)先生がおっしゃってる、患者の心に寄り添う医療というのはすごく大事なことなんだなと思うんですが、やっぱり的確で且つ俊敏な意見とかは大門未知子には備わってるはずだし、そういう先生が求められてるんだと改めて感じて、今回大門未知子に挑めるんだということで気合いが入ってます。医者として今まで演じてきた上に、さらに自分のことを通してまた医者を演じる意味というのは、なんとなく違った目線で見られるようになったかなという風に、ちょっと優しい大門未知子になってるかもしれないです。」とコメント。

大門未知子が喋る「私、失敗しないので」という言葉の由来も紹介され、実は柔道の松本薫選手が「私、ミスはしないので」とインタビューで答えてるところが由来で、「私、失敗しないので」「いたしません」という言葉が生れたとのこと。

第6シリーズでは何回「私、失敗しないので」などの名セリフが聞かれるのかも楽しみにしておこう。

木曜ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」はテレビ朝日系にて、10月17日(木) 午後9時スタート!

ちなみにドクターXと山崎製パンがコラボした「メロンパンX」が10月12日(土)から12月31日(火)までの期間限定でスタートしている。

タイトルとURLをコピーしました