小栗旬 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』で壮絶な役作りで役者魂を見せる

9月14日、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(配給:松竹 アスミック・エース)の公開記念舞台挨拶が丸の内ピカデリーにて行われ、小栗旬、沢尻エリカ、二階堂ふみ、千葉雄大、そして蜷川実花監督が登壇した。

本作は「人間失格」を書いた太宰治の誕生秘話と、太宰治を愛した3人の女たちの目線から描かれた事実をもとにしたオリジナルストーリー。

蜷川実花監督は「7年前からこの企画を温めていて、やっと皆さんにお届けできて感動しています。」と感無量。

撮影現場でのエピソードを聞かれ、小栗旬さんは「バーのシーンでは(撮影の合間に)みんなでトランプをして空き時間を潰していた時に、千葉君がとてつもなく“大貧民”が強くて、ちょっと嫌いになりました。滅茶苦茶強くて、いつも千葉君にカードを持って行かれる時間を過ごしました。」と語ると、千葉雄大さんは「それぐらいしか小栗さんには勝てる所ないですから・・・」と話し観客を笑わせた。

一方、沢尻エリカさんはトランプのスピードをしたエピソードを語り、「白熱したよね!」と語ると、二階堂ふみさんは「エリカさんから出てくるカードがすごくて、“アッ!やられる”と思った瞬間が何度も有りましたね。」と語ると、沢尻エリカさんは「ゲームになるとすごく負けず嫌いになって人格が変わります。」、二階堂ふみさんは「つられて白熱しちゃいました。」と楽しかったエピソードを語っていた。

また、撮影の一番最初のバーのシーンでのエピソードが語られ、沢尻エリカさんは「最初からキスシーンで、小栗さん慣れてらっしゃるのかなと思って、聞いたら、(撮影の最初がキスシーンを)やったことが無いと聞いて、すごく意外で、受け身の芝居で、全然来ないな、もっと来い!みたいな・・・。ちょっと意外だなと思いました。」と、意外に奥手だったことを明かすと、小栗旬さんは「本当に、あの初日だけは役者失格だなと思いました。いざ“(胸を)触って下さい”と言われたら恥ずかしくて、“こんなことしてるんだぁ”と思って・・・。本当に反省しています。覚悟を決めて入ったはずなんですけど、イザ合って見たら沢尻エリカのムードに飲まれてしまいました。」と語っていた。

初日以外は撮影は順調だったが、撮影が進むに連れて、小栗旬さんはガリガリに痩せて行き、二階堂ふみさんは「最後の雪の所でのシーンが、ものすごく頬がこけてらっしゃったんですけど、痩せすぎていて足が動かなくなっていて、塩水に足を浸けていたのを見て、小栗さんの役者魂を感じました。」と語ると、小栗旬さんは「塩分が無くなって脱水症状になっちゃったんですよ。」と語ると、蜷川実花監督は「日に日に体重も落ちて行くし、顔色も悪くなっていくし、どこまで持つのかなと心配ではあったんですけど、最後のシーンはギリギリのところでみんなやってたと思うんですけど、それが画に映っているので壮絶です。」と、小栗旬さんの役者魂に感銘を受けたようだ。

最後に小栗旬さんは「僕にとっては36年間培ってきたすべてをぶつけた太宰治になっていると思ってますし、悔いのない作品作りができたなと思っていますので、もっといろんな人に観てもらえたら嬉しいなと思っています。」と語りました。

小栗旬さんの役者魂が垣間見られる映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は大ヒット上映中!

© 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会

スポンサーリンク

© 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会 © 2019 『人間失格』製作委員会

© 2019 『人間失格』製作委員会

タイトルとURLをコピーしました