女優・中川知香、若き漫才コンビのマネージャー役に挑戦! コンビ愛の深さに感心

7月27日(土)よりスタートした、土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』がテレビ朝日系にて放送中(毎週土曜よる11:15~放送)

このドラマは青春マンガの巨匠・森田まさのり原作の『べしゃり暮らし』を初映像化。若き漫才コンビの成長を追いながら様々な人間模様を描く笑えて泣ける青春群像劇。演出を劇団ひとりが担当することにも注目されている。

スポンサーリンク

日刊エンタメクリップ 取材班は本作でデジタルきんぎょ(駿河太郎、尾上寛之)のマネージャー・望月ひかり役を演じる女優の中川知香(なかがわ ちか)さんを直撃取材した。

中川知香

中川知香さん演じる望月ひかりは、デジタルきんぎょ(駿河太郎、尾上寛之)の2人を常にそばで見守る現場マネージャーとして第2話から登場する。

Q:ドラマ『べしゃり暮らし』の出演が決まったときは、どのようにマネージャーさんから聞かされましたか?

中川知香:原作を1巻から最後まで全部揃えてボンと渡されて、“これに出るから取りあえずこれを読んできて”と言われてびっくりしました。

Q:原作コミックを読まれた感想を教えてください

中川知香:読み始めるとすごく面白い漫画だったので、“あ、笑える内容なんだな”と思ったんですけど、話が進むにつれ感動のシーンが増えてきて、もう最後は漫画を読みながら泣きました。まさか泣くとは自分でも思わなくて、それぐらい笑いと感動、どっちも含まれてて、一気に読みました。

中川知香

Q:今回、デジタルきんぎょのマネージャー 望月ひかりを演じますがどのような役なのか紹介お願いします

中川知香:ひかりは、元々原作にない役なんですよね。『デジタルきんぎょ』っていうお笑いコンビのマネージャーという役です。設定では『デジタルきんぎょ』に付いて2~3年目のマネージャーです。

Q:マネージャー役と聞かれて、最初どう思いましたか?

中川知香:マネージャーさんって言っても、芸人さんのマネージャーさんっていうのが、お仕事でもほとんどお会いしたことがないので、私たち(女優)のマネージャーさんとは何か違うのかなと思ったのですが、ひとまず私のマネージャーさんに仕事をするときに心掛けていることは何か聞いたり、ほかの方のマネージャーさんを見て勉強しようと思いました。

Q:どんな役作りをされましたか?

中川知香:役作りは基本的に普段のマネージャーさんの仕事の感じを思い出したりとか、あと「こういうときどうしてる?」みたいなのをマネージャーさんに聞いたりとかしました。

Q:マネージャーを実際に演じてみていかがでしたか?

中川知香:私が演じたひかりは、たまに空気が読めない行動や発言をするときがあって、そこはドラマならではなのかなとは思いました。

Q:マネージャー役の難しかったところってあるんですか?

中川知香:難しいというよりは、マネージャーさんってこういう気持ちなんだなっていうのを、すごく実感したというか、お二人が本番前に漫才のネタ合わせをしていたんですよ。それを邪魔にならないような位置で、ちょっと2人の漫才の練習を聞いていたりとか、あとは実際に舞台に立って、エキストラさんも入って、ほんとに大勢の前で漫才をされていたんですよ、お二人が。そういうのを見ながら、登場するときに一緒にどきどきしたりとか、お客さんが笑ってくれたときの「あっ」っていう安心感とか、マネージャーさんもこういう気持ちになってくれているのかなっていうのは、すごく実感しました。

中川知香

Q:『デジタルきんぎょ』を演じる駿河太郎さんと尾上寛之さんはどんな方でしたか?

中川知香:お二人を見ていて、元々、お二人が何度か共演されているっていうのもあって、すごくコンビネーションがあって、元々芸人のコンビだったんじゃないかっていうぐらい、すごく良くて、結構アドリブとかもあったんですよ。アドリブがあっても、駿河さんがボケの役だったんで、ボケても、尾上さんが絶対に何かしら突っ込んでくれるっていう、お二人の信頼関係ができていたから、そこも見ていて、すごく安心感もあるし、もちろん面白かったし、その2人の空気感を見ていて、役の上だけど“あ、ほんとにこの2人のマネージャーでよかったな”って思いました。

Q:撮影現場では共演者の方とはどんなことを話されたんですか?

中川知香:撮影現場は、私が出るシーンは結構男性の方が多くて、楽屋も男性陣ばっかりだったんですよ。あと、関西出身の方が多かったので、基本楽屋は関西弁が飛び交っているような感じで、話の内容も、ちょっと男子校みたいな感じで「あれ、この話、私聞かないほうがいいのかな」みたいなときもあって、私が男子校にいたら、こういう感じなのかなと思いました。

Q:駿河太郎さんと尾上寛之さんとは何か話されたんですか?

中川知香:今後のお仕事の話を相談したりとか、色々お話させていただきました。

中川知香

Q:演出が劇団ひとりさんですけど、ひとりさんは、撮影現場には来られてたんですか?

中川知香:毎回いらっしゃっていて、芸人さんなので、お笑いのシーンとか、特に漫才のシーンとかでは、裏側も全部知っているわけじゃないですか。こういうときのスタッフさんの動きはこうだよなとか、細かい(せりふの)間とか、そういうのが、すごく芸人さんならではの演出でリアルだったなと思いました。

Q:中川知香さん自身は劇団ひとりさんから演技指導はあったんですか?

中川知香:芸人さんに対してのマネージャーさんの距離感っていうのは、劇団ひとりさんの中で考えがあったみたいで立ち位置について細かく指導されました。

Q:撮影中にNGシーンはあったんですか。

中川知香:私のですか。私は、楽屋でお二人、金本(駿河)さんと藤川(尾上)さんの衣装をハンガーに掛けながら、みんなで話している話を聞きつつ、ちょっと口出すみたいなシーンのとき、ベルトの音がカチャカチャカチャカチャ鳴っちゃって、それでNG出しました(笑)。ちょっとだけうるさい、みたいな。動かすとどうしても鳴っちゃうじゃないですか。鳴らないように、すごいそーっとやりながら、でも不自然にならないようにっていうのが結構難しくて、なかなかうまくいかず何回かやり直ししちゃって、それはすいませんってなりました。

Q:普段はどんな漫才師のネタをよく見るんですか?

中川知香:私、お笑い見るのが好きで、深夜のお笑い番組とかもよく見ているんですけど、一番好きなのはハライチさんです。元々ハライチの岩井さんの大ファンで、ハライチさんがネタやるってなったら、必ず見ています。

Q:漫才師のマネージャーをやるということで、裏方側から見た漫才師の印象って、今回の作品に出演して変わりましたか?

中川知香:一番思ったのは、コンビ愛。よくバラエティとかで、相方とはプライベートでは仲良くしないみたいなの、たまにテレビで言っている方いらっしゃるじゃないですか。それをがすごく納得できたというか。お互い、すごく相手のことを思っていることはあるけど、面と向かってはっきりとは言わない。でも胸の奥でお互い通じ合っているんだろうなみたいな。何かコンビ同士の、今まで周りにいない、経験したことのない愛というか、コンビ愛についてはすごく深いなと改めて思いました。

Q:中川知香から見て、今回のドラマ『べしゃり暮らし』の見どころを教えてください。

中川知香:見どころはやっぱり漫才のシーンですかね。いろんな役者の方々が、実際に漫才をするシーンがあるんですけど、皆さんドラマの撮影始まってすぐのコンビなのに、こんなにテンポよくできるんだと思いました。あとは結構アドリブもあるんですよね。特に間宮さんと渡辺さんはアドリブも多くて、見ながら、あ、ここアドリブなのかなって思いながら見ていただくのも、面白いかもしれないです。

中川知香

Q:今後、中川知香さんはどんな女優として活動していきたいですか?

中川知香:今までどちらかというと真面目な役が多いので、ちょっと個性的な役もやってみたいです。『べしゃり暮らし』もそうですし、前回の『私のおじさん~WATAOJI~』とか、周りに個性的なキャラクターの方が結構いらっしゃって、それを横で見ていて、こういう役ができるようになったらもっと楽しいんだろうなって思って、今までと違う役もやってみたいです。

Q:目指す役者さんっていらっしゃいますか。

中川知香:目指す役者さんが、どんどんどんどん増えていって。最近は、長澤まさみさんとか、松嶋菜々子さんですかね。松嶋さんみたいに、昔も今も第一線で活躍されるような女優さんになりたいです。

Q:具体的にやってみたい役ってあるんですか?

中川知香:一番思うのは、アクションのレッスンもやっているので、刑事役とか、かっこいいアクションシーンができたらなと思っています。

Q:美を保つ秘訣として、どんなことをされているか教えてください。

中川知香:体を動かすこと。食事に気を使うことですね。

Q:普段これをやっているとか有りますか?

中川知香:ホットヨガに行ったりとか、あと家で筋トレしたりとかはしていますね。あと、私、お酒を飲むので、飲んだ次の日は、ちょっと食事も控えめにしようとか、たくさん飲んだ分をホットヨガで汗流そうとか、次の日にケアをするっていうことは心掛けています。

Q:ちなみにどんなお酒をよく飲まれるんですか。

中川知香:お酒はビールと、日本酒が好きです。ウイスキーがちょっと苦手なぐらいで、それ以外は何でも飲めます。

Q:あと、プライベートで今後やってみたいことって何かありますか?

中川知香:いろんなところに旅行に行ってみたいです。海外もそうなんですけど、国内でも意外と決まった同じところにしか行ってないなと思って。九州のほうもお仕事ではあるのですが旅行では行ったことがないので、国内でもいろんな県には行ってみたいなと思っています。

Q:最後にドラマを見るファンの方にメッセージをお願いします。

中川知香:ほんとにお笑いを見ているような感覚で、漫才のシーンとか、掛け合いのテンポの良さとかをすごい楽しんでいただけると思うので、皆さんぜひご覧ください。

中川知香
撮影:坂本 康太郎

中川知香さんが出演する土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』は毎週土曜よる11時15分からテレビ朝日系にて放送!

若き漫才コンビのコンビ愛にも注目です!

関連リンク

土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』公式サイト
https://www.tv-asahi.co.jp/beshari/

タイトルとURLをコピーしました