雨宮留菜 濡れ場は逃げちゃうかなというぐらい恥ずかしかった

雨宮留菜

7月6日、グラビアアイドルの雨宮留菜さんの主演Vシネマ『潜入捜査官~鳥籠の女豹~』(リバプール)の発売記念イベントがソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館で行われた。

本作の内容について「なんと刑事役です。友達が事件に巻き込まれて復讐の為に、レンタル彼女の職場に潜入捜査をして、なぜかキャットスーツで潜入した先で案の定捕まってしまう王道な作品です。」と紹介。

撮影の思い出として「いろんな方が出ていて、山本圭一さんだったり、オラキオさんだったり、カメラが回って無い時も楽しい現場で、撮影が終わってから燃え尽き感がすごくて、もう1回やらせて欲しいなと思いました。」とコメント。

潜入捜査のシーンについて「レンタル彼女で潜入捜査をするんですけど、いろんなお客さんの所へ行くんですけど、最初のお客さんがドMな人で、私、基本Sだから楽しかったんですけど、本当に全体重で顔面を踏みつけたり、お腹の上でジャンプするシーンは、悪いな半分、ごめんなさい半分で、あと濡れ場が有るので、当日やってみれば大丈夫だったんですけど、直前まではすごく恥ずかしくて、逃げちゃうかなというぐらい恥ずかしかったです。」と明かしていた。

ミニマムボディーの女王様 雨宮留菜さんの体当たり演技は要チェックです。

次のページに写真有り

タイトルとURLをコピーしました