姫咲☆兎ら(ばにたん) 初主演Vシネマで楽しかったシーンは血のりのシーン!

6月22日、グラビアアイドルの姫咲☆兎ら(ばにたん)の初主演Vシネマ『餌狼 そして誰もいなくなった』(アースゲート)のDVD発売記念イベントがソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館で行われた。

本作はグラビアアイドル水着撮影会で殺人事件が次々と起こるホラー作品。

姫咲☆兎ら(ばにたん)さんは「人間関係のドロドロがすごくあって、出て来る人達がもめて、ファンの人や撮影会のスタッフさんとか、自分が普段撮影会をやってる時のようなリアルな感じがすごく出てる空間の中で、憎みあったりするストーリーです。」と紹介。

演技未経験の姫咲☆兎ら(ばにたん)さんの初主演作ということで撮影は「初めての演技で楽しかったのは、血のりのシーンです。」と明かしていた。

劇中の衣装は前が透けてて、後ろもレースのTバックというセクシー衣装で、他の女性の共演者も水着やレオタード、ビキニでのシーンで構成されている。

共演した本多希さんは「水着なので、水着撮影会のシーンはグラビアのファンの方でも、ミステリーが好きな方でも楽しめるんじゃないかなと思います。」と見どころを語っていた。

次のページに写真有り

タイトルとURLをコピーしました