早見あかり 映画『女の機嫌の直し方』は人と人との有り方を伝えられる作品!

6月16日、映画『女の機嫌の直し方』の公開記念舞台挨拶がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、早見あかり、平岡祐太、松井玲奈、佐伯大地、そして有田駿介監督、さらに脚本協力した横澤夏子が登壇した。

本作はAI研究者・黒川伊保子氏のベストセラー『女の機嫌の直し方』を原案とした同名作品。

大学でAIの研究を行っているリケジョの真島愛役を早見あかりが演じ、最新の脳科学であらゆる男女トラブルを解決するハートフルコメディ。

早見あかりさんは「“真島愛役”を演じました早見あかりです。皆さんに届けられるということですごく嬉しい気持ちです。たくさんの人が観に来てくださってすごく嬉しいです。」と挨拶。

一方、松井玲奈さんは一瞬、自身の役名をド忘れするも「“北澤茉莉”を演じました松井玲奈です。公開を迎えて、本当にたくさんの方に観に来て頂けてとても嬉しいです。」と、何とか役名を思い出し挨拶。

本作について、早見あかりさんは「人と人とはどうやってつながって行くべきなのか、どうやってつながって行けるのか、人と人との有り方を伝えられる作品だと私は思っていて、その気持ちが伝わったから、大きな自信になったというか、皆さんがどう思ったかというのを見させて頂いて、楽しみたいなと思っているのでお広めください。パトロールしに行きます。」と、SNSに投稿された本作を観た感想を見ることを話していた。

今だから言える●●なことをトークすることになり、松井玲奈さんが夫婦役で共演した北澤悠役の佐伯大地さんに対して返すのだが、松井玲奈さんは「ずっと2人で一緒にいるシーンが多くて、結婚の入場のシーンは何回も撮ってるんです。すごく距離が近くて、“新郎新婦入場です”と扉が開いた瞬間、平岡さんが・・・?」と、佐伯さんと言う所を、平岡さんと名前を間違え土下座謝罪する場面も・・・。

すかさず、早見あかりさんは「平岡さんが番宣の時に、平岡です平岡ですとずっと言ってたからと・・・。」と「平岡」の名前を連呼していたので、間違ってしまったとフォロー。

気を取り直して、松井玲奈さんは「佐伯さんが入場ですと言われ、毎回開く度に笑顔になって、ほっこりしました。」と、シドロモドロになりながらも話していた。

一方、平岡祐太さんは早見あかりさんについて「早見さんは撮影初日からしっかり目を見て話してくださって、早見のことを元々知り合いだったのかなと思わせるくらいのコミュニケーション能力の高さがうらやましいと思いました。」と早見あかりさんを絶賛。

すると早見あかりさんは「喋りたくて喋ってるだけなので・・・。」と、照れながら話していた。

また、脚本協力した横澤夏子さんは「私事になってしまうんですけど、(有田駿介監督が)タイプ! 打合せからあれカッコいいなと思っていて、すごく素敵です。」とリップサービスで劇場内を盛り上げていた。

最後に早見あかりさんは「この作品は男性脳と女性脳の違いが解ればみんなハッピーになれると私はすごく一番最初に感じたんですけど、皆さんがそういう風に頂けたなら嬉しいです。『女の機嫌の直し方』、こういうタイトルなので、びっくりしちゃう人もいるかもしれないんですけど、ちゃんと観てみたら、人と人はどうして一緒に居られるのかということを伝えられる、そんなメッセージが込められた作品になっています。これから結婚する人、もうしている人。何年も一緒に居る人。そういうことだなって、1人だけど、今後そういう未来が有るかもしれない人。どの世代にというのは無くて、必ず誰しもが納得できるような、共感できるようなシーンがたくさん散りばめられていると思います。どう思ったかSNSに書いて頂いて、パトロールしに行くので、是非皆さんの力でこの作品をもっともっと広めて頂ければと思います。」と語っていた。

映画『女の機嫌の直し方』はユナイテッド・シネマアクアシティお台場他全国順次公開!

©2019「女の機嫌の直し方」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました