大川成美 セーラー服ぐと過激な水着に

6月1日、グラビアアイドルの大川成美さんの5枚目のDVD『いけない関係』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントがソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館で行われた。

1月にタイで撮影された本作の内容について「チャプターの一番最初から最後まで通してストーリーが全部つながっていて、最初から最後まで見ていただくと、どういうつながりで、この“いけない関係”というタイトルになったのかなというのが分かります。相手がいるのはもちろんなんですけど、最初に台本いただいたときに、すごくびっくりして、相手が1人じゃなかったんですよ。それが、私の家に親戚の男の子が久しぶりに遊びに来て、“久しぶりに見て大きくなったね”と言って、男の子と過ごしているうちに、いい感じになってきます。お風呂のシーンがあるんですけど、お風呂のシーンで初めて親戚の男の子のお父さん、自分から見て伯父さんになるんですけど、伯父さんもお風呂に入ってくるというシーンがあって、まあそれはいけない関係だよなという感じなんですけど・・・。本当に最初に台本読んだときに、“えっ?誰か出てきた!”みたいな感じになって、とてもびっくりしました。セーラー服を着たんですけど初めて着ました。実はDVDでセーラー服を着たことがなくて、もともとOLをやっていたので、そのままDVD1本目からOLの服が多かったんですけど、この三十手前になってセーラー服を着るというのが結構びっくりでした。セーラー服の下が大人っぽい感じになっていて、セーラー服を脱ぐとパッケージの過激な水着になっています。」と紹介。

人生で初めて言うセリフもあったそうで「DVDで伯父を“おじさま”と呼んでいるんですけど、この作品の中で。おじさまと呼ぶのが人生で初めてぐらいのセリフで、劇中の中ではずっとおじさまという感じで呼んでいて、おじさまの趣味で着せさせられているという感じです。」とコメント。

競泳水着のシーンについて「プールで遊ぶシーンなんですけど、(ファンの方からの)とても受けがよくて、競泳水着毎回着ているんですけども、自分でも一番似合っている水着じゃないかなって思っていて、競泳水着の中でも、こんなに露出が激しいのは初めて着ました。あと競泳水着で手ブラするってなかなかないだろうなという感じです。ちょっと手ブラをしたときびっくりしましたね。」と見どころを紹介。

セクシーなシーンについて「ジムのシーンがあるんですけど、普段運動もすごくしていて、野球やジムに通ったりとかしているんですけど、自分でもジムのシーンの水着はすごく似合っているなと思って・・・。結構お尻が開いていて、いつもどおり、結構本気でパンチングしたり、キックしたり。激しく動いているので見ていただけたらと思います。」とアピールしていた。

大川成美

次のページにも写真有り

タイトルとURLをコピーしました