瑞木純 セーラー服は貴重なワンシーン!

6月1日、グラビアアイドルの瑞木純さんの7枚目のDVD&Blu-ray『make me bright』(ダンシングストーン)の発売記念イベントがソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館で行われた。

3月に都内で撮影された本作の内容について「日常なんだけども、日常の中で刺激がある感じみたいな雰囲気でやらせていただきました。海外チックな雰囲気のお家みたいなところでやらせていただいて、例えば彼女の家でちょっとコスプレしてくれたみたいな、楽しむようなイメージでやらせていただきました。お家でこんなことするのかという感じもありますけど、こんな彼女もいるのだなという感じで、どちらかというとちょっと攻め込んでるような、縛られてるとか攻めてる感じです。MなんだけどSみたいな・・・。お家でセーラー服を着て、彼にしか見せない姿じゃないですけど、それを楽しんでるようなシーンも有ります。」と紹介。

一番セクシーだと思うシーンについて「セーラー服は貴重なワンシーンだなとは思ってて、私自身(学生時代に)セーラー服は着てなかったのでそこは楽しくやらせていただきました。」とコメント。

縛られているようなシーンについて「縛られてはないですけど、吊り上がる感じからちょっと降りて行って棒と一緒に絡まってるみたいな感じです。」と話していた。

今後やってみたいこととして「DVDを7枚目出させていただいたので、内容を少し変わったようなのをやってみたいなと思ってます。」と語っていた。

瑞木純

次のページにも写真有り

タイトルとURLをコピーしました