わーすた 三品瑠香 待望の1st写真集に“すごく嬉しい”

5月19日、アイドルグループ わーすたのメンバーで、歌って踊れる9頭身アイドルとして注目されている三品瑠香さんの1st写真集『EPHEMERAL』(徳間書店)の発売記念イベントが福家書店新宿サブナード店で行われた。

写真集ができあがり「写真集を作ることが決まって撮影している間は本当に不思議な感覚だったんですけど、実物ができたのを見るとやっと実感が湧いて、本当に写真集を発売することができたんだ。私がモデルのお仕事をさせて頂いていた時から出したいなと思っていたので、今、すごく嬉しいです。」とニッコリ。

“EPHEMERAL”のタイトルの意味について「元々“はかない”という所から英語検索をして見つけた言葉なんですけど、“はかない”という意味もあったり、“束の間”という意味もあって、私が写真集を17歳の内に出したかったというのもあったので、女の子にとって17歳というのはすごく貴重な大事な1年だと思っていたので、本当にあっという間に過ぎた、私にとってもあっという間に過ぎた1年だったので、その束の間だった時間を残した写真集ということでこのタイトルにしました。」とコメント。

グアムと都内で撮影され、「グアムは初めてだったのでゆっくりはできなかったですけど楽しかったです。制服のカットは東京で撮っていて、学校の中で撮影しているシーンと、原宿に行ったり、カラオケに行ったり、高校生になったら憧れていたような、帰り道の寄り道やクレープとか、カラオケに行くとか、現役の中ではできなかったので、写真集の1日の撮影の中で、ギュッと素の自分で楽しめた撮影だったなと思います。グアムは本当に4日間、いろんな時間を過ごしたんですけど、どの時間もどんどん過ぎちゃって、貴重な一瞬一瞬でした。」と語る。

お気に入りのカットについて「夜に撮る最後の日だったんですけど、日が落ちる直前に撮りたくて、本当に時間の無い中、急いで海辺を探して、なんとか日が落ちる前に撮れた、ギリギリの奇跡の瞬間で、すごく綺麗な空で撮れました。(点数を付けたら)100点を出したいと思います。」と大満足。

水着ショットについて「本当に水着というのは最初戸惑いも有りましたし、それなりに葛藤もあったんですけど、やるとなったら全力でやろうということで、クビレを作りたくて、撮影までずっとひねって運動してました。」と撮影秘話を語っていた。

そして、三品瑠香さんは「もうすぐカナダに行くんですけど、まだ行ってない大陸が残り少なくなってきたので、(わーすたとして)頑張って制覇したいのが有ります。個人としてもいろんなお仕事で新しいことを挑戦して行ける時代に出来たらなと思っております。」と目標を語っていた。

三品瑠香

写真は次のページに続きます

タイトルとURLをコピーしました