工藤遥 ハワイで野生のイルカと戯れて“めちゃめちゃ感動!”

5月12日、女優の工藤遥さんの1stパーソナルブック『Haruka』(ワニブックス)の発売記念イベントがブックファースト新宿店で行われた。

本作はハワイでの最新の撮りおろし写真、メイク術や、ヘアアレンジ、私服、そして宝物を公開したり、さらに86個のQ&Aや19年間を語ったロングインタビューと、この1冊で工藤遥さんのことが全てわかるパーソナルブックだ。

出来上がりについて「今まで写真集を4冊出させて頂いたんですけど、あまり自分がここまで制作に関わることって無くて、今回は“表紙の字体をどうするか”とか、それこそ中身の制作からかなり関わらせて頂いて、自分で自信をもって“作りました”と言える自信の有る1冊になりました。」とコメント。

制作過程について「基本的に楽しかったです。もちろん撮影も楽しかったですし、あとは小さい頃の写真とか、家に有る宝物を出したり、母親と思い出話に花が咲きながら準備してたので、大変だったなという印象は無いです。」と、印象深かったエピソードを語っていた。

お気に入りのページとして、野生のイルカと泳いでいるページを差し「小さい頃から水泳を習っていて、夢であった野生のイルカと泳ぎたいという夢を叶えさせて頂いて、ハワイの野生のイルカと泳いだんです。それを写真に収めようと思ってたんですけど、野生のイルカを甘く見てたというか、写真を見ても絵に収められず残念な結果になっちゃったんですけど、私の頑張りをなんとなく感じとって頂けるかなと思って選びました。私とイルカが小さく写っているんですけど、けどちょっと距離を感じてしまう絵になっちゃいました。」と写真には上手く収められなかったが、

続けて「(野生のイルカは)めちゃめちゃすごかったです。手を伸ばしたら届くぐらいの距離にイルカが居たので、めちゃめちゃ感動しましたし、海でこんなに思い切り泳いだのも初めてだったので、すごく貴重な経験をさせて頂きました。」と野生のイルカとの遭遇に感動したことを語っていた。

また、このパーソナルブックで工藤遥さんのメイク術や私服などを公開していることについて「私服だったりメイクだったり、そういう部分を出してこなかったので、今回初めて出しました。是非是非私の細かい部分に注目して見て頂けたらなと思います。これを見れば“工藤遥マスターになれるよ”という1冊です。」とアピールしていた。

そして、令和元年10月27日には二十歳の誕生日を迎えることについて「二十歳ってすごく大きな節目だと思っていて、あと半年の10代の期間を楽しんで全うしたいなと思いつつも、二十歳になったからと言って、無理に背伸びせずに限界を決めずに頑張っていきたいと思います。」と語っていた。

今後は6月11日から6月16日まで、新国立劇場で行われる朗読劇「いつもポケットにショパン」に出演が決まっているほか、10月5日~10月14日まで、あうるすぽっとで開催される舞台「魔法使いの嫁」に主演することが決まっている。

工藤遥

写真は次のページに続きます

タイトルとURLをコピーしました