山﨑賢人 映画『キングダム』に主演し夢の力強さと大切さを感じる

スポンサーリンク

3月30日、人気俳優・山﨑賢人が主演する映画『キングダム』が三菱UFJ銀行とコラボした、「三菱UFJ×映画『キングダム』プロジェクションマッピング」が恵比寿ガーデンプレイス シャトー広場で行われた。

本イベントは、株式会社三菱UFJ銀行とのスペシャルコラボによる「三菱UFJ銀行×キングダム 夢のはじまりキャンペーン」コンテンツとして実施されたもの。

三菱UFJ銀行 渡辺素行室長は、「約四年間の間、当行のイメージキャラクターとして関係を深させていただいた大切なパートナーである山﨑さんが、一年間役作りをしたという特別な作品なので、サポートとして踏み込んだ取り組みをしたいと思いました」とその経緯を説明した

渡辺室長の挨拶が終了すると、満を持して山﨑が登場。抽選に当選した観客たちは歓喜し、感動のあまりむせび泣く人が続出。山﨑の高い人気が伺えた。

画期的な今回のイベントに関し、司会より「こんなイベントはなかなか珍しいですよね」と感想を求められた山﨑は、「本当にありがたいし、プロジェクションマッピングを観るのを僕自身楽しみにしていました」と嬉しそうに語った。

中国でロケを行ったという『キングダム』の撮影に関して質問が及ぶと、「凄いスケールの中で撮影ができて、さすが『キングダム』だと思った。」と当時を思い出し熱弁。

演じた主人公・信の役作りには相当力を入れたそうで、苦労が多かったよう。「これだけがっつりアクションを演じたのは初めてだった」と明かした。信ならではのアクションを作るため、食事制限をして挑み、「型にはまってない野生っぽさ」を考えながらアクション映画を沢山観て勉強を重ねたという。信というキャラクターへの役作りに対する、山﨑の並々ならぬ情熱を垣間見ることが出来た。

山﨑の挨拶が終わり、いよいよプロジェクションマッピングがスタート。

壮大な『キングダム』の世界と美しい映像が映し出され、会場中が息を飲んだ。圧巻のプロジェクションマッピングに圧倒された山﨑は「いやあ…感動ですね」とその後の言葉が続かない様子だった。

司会から「今年やりたいことと夢を教えてほしい」と質問を受けた山﨑は、「キングダムで夢の力強さと大切さを感じました。皆の思いを込めて撮ったので、沢山の人に観てほしい。それが夢です。僕自身は信をもっと生きたいし、今後も頑張って色んな夢に出会いたいというのも夢ですね。」と真摯に語り、会場にいる多くの観客を魅了していた。

イベントの終盤、『キングダム』という作品を「大好きな作品なので、思いを込めて演じた。」と思い入れ強く語った山﨑は、元々、俳優として良いお芝居がしたい、凄い役者になりたい、というのがざっくりした目標でやってきたと話し、そのためには目の前にある仕事を大事にして努力することが重要だと考えていたそう。「『キングダム』に出会えて、色んな人やチームに出会えて、夢のような時間を過ごさせてもらった」と楽しそうに語ってくれた。

肌寒い天候をものともせず、「三菱UFJ×映画『キングダム』プロジェクションマッピング」イベントは観客の熱気と興奮に包まれ、幕を閉じた。

山﨑賢人が主演する映画『キングダム』は4月19日(金)ロードショー!

タイトルとURLをコピーしました