日本ジュエリー ベスト ドレッサー賞は浜辺美波・吉岡里帆・橋本マナミ・常盤貴子・紫吹淳・森昌子・舘ひろし・コシノジュンコ・加山雄三が受賞!

1月24日、「第30回 日本ジュエリー ベスト ドレッサー賞」の表彰式が東京ビッグサイトで行われた。

この賞は過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」、そして「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門、特別賞にそれぞれ分けて表彰するもの。

10代部門には、女優の浜辺美波さんが選ばれ「私はこのような賞をいただけたことを本当に心から嬉しく思う理由がございまして、私が10歳の時にこの業界に入らせて頂き、沢山の素敵な女優さんが素敵なジュエリーを付けてカッコよく立っていらっしゃる姿をたくさん拝見して来ました。ですが、年齢的にも機会にも恵まれず、なかなかジュエリーを身に付けることができませんでした。今年19歳になる年齢ではあるんですけど、少しずつですがジュエリーを身に付けさせて頂くことが増えて、付けることができるように年々なり、本当に嬉しく思っております。ずっと憧れていた女優さんたちのような素敵なジュエリーの付け方ができるように、これからも身も心も磨いて、輝けるように精いっぱい頑張って行きたいなと思っております。」

20代部門には、女優の吉岡里帆さんが選ばれ「本当にとても輝かしい、そしてエレガントな賞だなと感服しております。心がキラキラと嬉しさであふれています。宝石の美しさに胸がときめいて、ジュエリーってパワーが有るなと改めて感じました。いつかダイヤのネックレスを自信を持って付けられるような、そんな女性に成長していきたいなと思っています。」

30代部門には、タレント・女優の橋本マナミさんが選ばれ「本当に30代部門として選んで頂けたことを大変嬉しく思います。私は13歳の時に芸能界入りしまして、10代・20代と下積みを過ごしていたんですけど、いつかこのような賞がもらえる女性になりたいとずっと思っておりました。まさか30代で貰えるなんて本当に思っていなかったので、受賞のお知らせを聞いた時は、マネージャーさんに“それは間違いじゃないですか”と、本当に信じられなかったです。ジュエリーは私にとってはパワーの源です。」

40代部門には、女優の常盤貴子さんが選ばれ「私はドラマの撮影中でして、毎日現場に行って、家に戻って、セリフを覚えて、また現場に行ってという毎日なので、このような華やかな世界に来ていいのだろかと思いました。でも、気分転換にはもちろんなりますし、この光栄な思いを胸に明日からまた頑張ります。ジュエリーは女性にとっては何かパワーを貰えるものなんじゃないかと思います。本当に力をくれるアイテムなんじゃないかなと思います。これからもジュエリーと共に素敵な女性になれるように歩んで行きたいと思います。」

50代部門には、女優の紫吹淳さんが選ばれ「このような歴史ある立派な賞を頂きまして誠に感謝してます。人生の節目にいつもジュエリーが寄り添ってくれていました。30代の時にどうしてもピアスが開けたくて、耳の軟骨の所にピアスを開けてダイヤを付けたことを覚えております。50歳という節目の時に、このような歴史ある立派な賞を頂戴できましたこと、そしてまた50代のたくさんの女優さんがいる中で、私を選んで頂いたこと、本当に心より感謝します。ジュエリーは女性をさらに輝かせてくれている、そんな不思議なパワーを持っていると思います。」

60代部門には、歌手の森昌子さんが選ばれ「このような素敵なジュエリーを頂くことができて大変光栄です。昨年の10月に還暦を迎えて、60歳になったばかりでございます。でも良かったです。今年1年良い事が有りそうな、良い人が見つかりそうなそんな予感がしております。女性は60歳からが勝負だぞと受け止めております。ジュエリーというのは無くてはならないものです。こんなに今日は素敵なジュエリーを身に付けさせて頂いて、非常にピリッと身が引き締まる思いです。これからももっともっとジュエリーにふさわしい女性になれるように頑張って、一生懸命良い歌をうたい、ジェリーに負けないような素敵な女性になれたらいいなと思っております。」

男性部門には、俳優の舘ひろしさんが選ばれ「ペンダントやら指輪や、プレゼントを付けていた時代も有りましたけど、ジュエリーは人に贈るものだったり、買わされるものだったりしますけど、最近身に付けたのはラグビーワールドカップの時でした。でもこれを機会に私も早速ジュエリーを身に付けて行きたいと思います。」

特別賞(女性)には、デザイナーのコシノジュンコさんが選ばれ「世界的なジュエリー賞をこういう素晴らしい所で、私自身がデザイナーでも有るのに、こういう賞を頂けるなんて思ってもみないことで、特別賞ということで、大変感謝いたします。年齢というのは、傷つく時もあれば、いろんな意味が有ります。特別賞ということは(年齢が)無限大だと思います。本当に光栄です。」

特別賞(男性)には、俳優・歌手の加山雄三さんが選ばれ「長生きしてて良かったなとつくづく思います。多くの人たちが幸せになれるような、そういう仕事をしていくことが大切じゃないかなと思います。今日の賞は特別です。この賞を、頂けるには、多くの方々の助力があって、支えてくださるファンの方がいて、そういうことがあって初めて頂けるんだなと、心の底から感謝の気持ちしか有りません。」と、それぞれ感想を語っていた。

タイトルとURLをコピーしました