映画『お前ら全員めんどくさい!』が初日! 小野賢章、小宮有紗、茜屋日海夏、大原優乃、都丸紗也華が集結!

スポンサーリンク

2月23日、映画『お前ら全員めんどくさい!』の初日舞台挨拶が池袋 HUMAX シネマズで行われ、小野賢章、小宮有紗、茜屋日海夏、大原優乃、都丸紗也華、宝来忠昭監督が登壇した。

本作は、高校教師の國立国彦が、泣き虫にツンデレ、肉食女子、女王様キャラなど、個性豊かな女子生徒たちに次々と恋のアプローチをかけられ振り回される学園ラブコメディ。

小野賢章さんは「アニメとか舞台では(主演を)やらせていただく機会は多いのですが、実写映画の主演というのは初めてで、台本を読ませていただいて、主演とは言ったものの、主役は女性陣かなというのがすごく強かったので、思い切り振り回されに行くぞみたいな、割と気楽な感じで撮影に臨みましたし、すごく楽しく撮影が進みました。今日、無事に初日を迎えられたことに感慨深く思ってますし、初めて主演をやらせて頂くということで“こんな僕ですみません”という感じです。」と謙虚にコメント。

小宮有紗さんは小野賢章さんとの共演に「すごく現場で先生らしく盛り上げてくださって、私の役はちょっとムッとしてる表情が多かったり、他の3人は笑ってても真顔っぽかったりするシーンが割と多くて、でも笑っちゃいそうになりました。面白いことをしてくださり、笑いをこらえるのがすごく大変でした。元々漫画とかが好きなので、(原作に忠実になるように)付け毛を毎日編み込んでもらっていたので、すごく毎朝めんどくさかったと思います。そのおかげで成り切ることができました。」

茜屋日海夏さんは「みんなでお芝居をしていくうちにキャラクターを掴めてきて、役作りもみんなといるおかげで、ちょっとずつできて来たという感じが有りました。最初は作り込んで固くなっていたんですけど、最終的には私自身の中にある榎本英子らしさを出したのが一番です。」

大原優乃さんは「この撮影は約2年前に行われたのですが、その当時、初めての映画の撮影だったので本当に不安だったり、緊張した部分がすごく大きくて、キャストの皆さんだったり、監督、皆さんに支えられて撮影を楽しむことができました。テンポ感だったり、仕草1つ1つだったり、原作を大切にしながら監督に(演技指導の)言葉を頂いてました。」

いきなり先生にキスをするシーンを演じた都丸紗也華さんは「自分で見てみてびっくりしました。緊張しました。初めてだったので・・・。だけど、どうどうとやりきろうと思ってやりました。結構難しい役だったので、そのシーンそのシーンで監督に聞きに行きました。」

あらゆる演技指導を行った宝来忠昭監督は「正直有り得ないけど、あったらいいな感を、どう大切にしていくか悩みました。ツッコミたくなる所もあったと思うんですけど、先生に憧れる気持ちをどう持ってもらうか、こんな先生になれたらいいなと思うところに共感というか、体感できるような学園ドラマになればいいかなと思って作りました。」と語っていた。

映画『お前ら全員めんどくさい!』は池袋 HUMAX シネマズ、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー!

タイトルとURLをコピーしました