本田翼×岡山天音がダブル主演ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』をアピール!

MBS/TBSドラマイズム枠で1月上旬から本田翼×岡山天音がダブル主演でドラゴンクエストⅩから始まるシェアハウスラブコメディーに挑む『ゆうべはお楽しみでしたね』(全6話)の放送が開始される。

初の映像お披露目となる制作発表会が12月26日都内のニッショーホールで行われ、本田翼、岡山天音、宮野真守、芦名星といった豪華キャストが登壇し、筧美和子もサプライズ登場となった。

本作でW主演となる本田翼と岡山天音は、お互いの印象について聞かれると、岡山は「本田翼さんホンモノだ!」と思ったと当時の素直な興奮を伝え、現場では本田がセラピストのように優しく接してくれたことを語った。一方、本田は「マイペースそうな人だなと私は思いましたね。そしたら、シンプルに人見知りだったというのが後にわかりました。」と初対面の時の印象を語り、アニメイトの店長「大仁田」を演じた宮野真守が現場を盛り上げたムーメーカーだったと披露した。撮影期間が2日だった宮野は、「終わってからどうやら天音くんはマモに会えなくてさみしかったらしいです。」と会場の笑いを誘った。岡山も「宮野さんがアップしちゃってから、現場で「マモ様は今なにしているかな」が口グセになってまして(笑)。家に帰ってマモ様の動画を見たりとかしてました。楽曲聴いたり。」とマモロス感の様子を話してくれた。岡山をロス現象に追い込んだ宮野は、テレビドラマへの出演は約10年ぶりとなる。「すごく緊張しました。撮影の最初が天音くんとのアニメイトのシーンをやらせてもらったときなんですが、すごくかわいい顔するの。あっ、かわいいなって思いました。そしてそれでほぐされてその後は楽しく。天音くんとこの時間は楽しく過ごせるなと思ってからは仕掛けてやろうと思って。」と当時を振り返り、アドリブを連発していたことが明かされた。ドラクエ好きな宮野は、ドラクエファンにささるアドリブをドラマの中で披露しているとのことで、「編集次第ですが、そんなアドリブのシーンも注目してほしい」とドラマの見所をアピールした。

次にドラマの中でガールズトークを披露していく、本田と芦名に共演者・あのの話が振られると、本田があのの物まねを披露し、会場を沸かせた。そんな本田への印象について芦名は、「彼女の周りは“陽”の気が流れていて。私占い師じゃないんですけど、そんな感じがするんです。彼女がいるとそこの空気が明るくなるんです。」と語りつつ、現場の楽しい雰囲気を話すと、岡山も「毎日撮影は楽しかったですね。宮野さんとのところは笑いすぎてしまって、気づいたら僕たち2人しか笑ってないということがあったり。大仁田店長とお出かけするシーンです。そこは楽しみにしてください。」と見所を交えながら、現場の雰囲気を語った。

その後、舞台上ではオンラインゲームをドラクエⅩを使って本田翼を探せといったゲームイベントへ。登壇者たちが実際にゲームを操作し、楽しんでいた。舞台裏でゲームを操作していた本田翼が再登場した後、もう一人のゲーム操作人として筧美和子がサプライズで登場。撮影時のエピソードや本田さんの印象を聞かれると「本田さんとはお互い、ギャル目な親友役で。家での姿シーンが多くて、ゲームをやってる本田さんの姿がリアルで、こんな風にリアルにみやこって存在するんだなって思いました。すごく面白かったです。リラックスされて現場にいらっしゃるので、現場に入りやすく、仲の良い役も楽しく演じられました。すごく不思議な空気を出されてましたね。私の役は、破天荒な役だったので、どちらかというと、みやこはお姉さんで「ちょっと、あやの!」というしかってくれるようなアネゴ的な感じでした。」と語ると、「2話以降、重要なキャラクターになってくるんですよね。」と本田が筧の役どころをアピールした。岡山の印象については、「みやこの親友役なんですけど、岡山さんとのシーンが多くて。あやのの爆発的なキャラクターが私的には難しかったんですけど、岡山さんに引き出していただいていただいた気がしてます。」と答えると、オンラインゲームの中でキャラクターを操作していた筧に岡山のことを「ネコみたい~」と言っていたことを突っ込む岡山に対し「それはずっと思っていて、いえなくて。」と答え、会場の笑いを誘った。

その後、取材陣からの質疑コーナーが行われた。

岡山には、今回、ドラマをキッカケにゲームをプレイされた感想とゲームの魅力をどんなところに感じたかの質問が投げられ、「クランクイン前からやり始めたのですが、いろんな人たちがチームをくんでバトルしたりとかは、ドラゴンクエストXならではの魅力なので、そういうところがゴローさんだったり、パウさんだったり、実際やられている方をひきつけるんだろうなと思いつつも僕は、人見知りして、オンラインゲーム上でもぜんぜんしゃべれなくて。うらやましいなと思いながら、いろんな集団の人たちとすれ違って、ひとりでもくもくとレベルを上げることが日課でした。」と答えた。

本田への質問は、普段からゲーム好きの本田に対し、みやこを演じる上で、役立ったとか、やりやすかったとか、あと逆に難しかった点などが質問され、「すごく、自分と似ているところが多くて。私もそんなゲームをやっているように見られないので、そこがみやこちゃんと同じなんですよね。だから、お芝居の上でとても共感できるところが多かったです。後は「ドラクエ」が大好きで、原作の金田一先生も大好きなので、その二つのコラボのドラマに出れるというのは本当にしあわせでした。」と答えた。

宮野には、10年ぶりのドラマ出演、そして「ドラクエ好き」ということで、この喜びを「ドラクエ」の呪文であらわすとしたら?という質問が飛び出すと、すかさず「バイキルトですね」と答え、会場を爆笑させた。

芦名には、みやこをからかいながら見守るという役で意識されたこと、そしてウワサ好きのキャラクターだが、実際の芦名さんはどうなのかという質問がふられ、「今回の栗山は「店長」と呼ばれていたのですが、栗山はお仕事よりもきっと、みやこのいろんな話をきくのが好きなのではないかというくらいの人で。男女の、しかもお付き合いをしているわけではない男女が同棲するというのはどういうことなのか、という興味があって、それが出ればいいなと。きっといるよね、会社で毎日、同じくそういう話ってうきうき、楽しそうにやっている様になっていればいいなと思って今回は演じました。私自身はうわさ話はあまり入ってこないかも。うわさ話が好きかはあまり考えたことない、あんまりしないですね。目で見たことが大事なタイプかなと。」と答えた。

筧には、原作を読んで感じたあやのの印象についてたずねられ、「あやのはトボケタ雰囲気をまとっていながら、行動は肉食的だったりとか、破天荒な行動を起こしていくひとなので、興味をもったのですが、自分とはリズムが違うというかすごく難しかったです。監督にもアドバイスを受けながらいろいろ教えていただきました。宮野さんとのシーンが一瞬あるのですが、ここにも爆発的な人がいる、負けてられないって思って、すごく刺激を受けました。よりあやのを爆発させることができたかなって思います。」と答えた。更に破天荒なエピソードを聞かれると、高校生当時のエピソードで「知らない人の家のトイレを借りたことがあって、渋滞にはまってしまって、我慢できなくて。」を暴露してくれた。

最後には、W主演の2人から本作の見所を交えた挨拶があり、約40分近いイベントが幕を閉じた。
岡山「とてもポップでかわいらしいドラマになっていると思います。個人的にはたくみがみやこさんに対して抱いていた勝手に自分とは関わらない人種だって思っていた人と少しずつ理解しあい、他人同士が交流していく美しさみたいなものを表現できたらいいなと思って演じました。そういうところを今後、楽しみにしていただけたらと思います。」

本田「私たちはシェアハウスラブコメディーと呼んでいます。2人を取り巻く個性豊かな方々も魅力になっていますし、この2人のこれからをみなさんにあたたかく見守ってもらえたらなと思う作品でもあります。深夜の放送ではありますが、疲れた心を癒してくれる作品だと思いますので、見ていただけたらと思います。」とアピールした。

MBS/TBSドラマイズムにて1月スタート

スポンサーリンク

『ゆうべはお楽しみでしたね』(全6話)
出演:本田翼、岡山天音/宮野真守、筧美和子、ゆうたろう、あの/稲葉友、芦名星
主題歌:THE RAMPAGE「Starlight」/オープニングテーマ:そらる

©金田一蓮十郎/SQUARE ENIX ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. 「ゆうたの」製作委員会・MBS

タイトルとURLをコピーしました