鈴木真梨耶&鈴木友梨耶の美人姉妹がアドリブ心理劇「ドナー・イレブン」に出演! 役の上でも姉妹を演じる

12月9日、アリスインプロジェクト 2018年12月公演 アドリブ心理劇「ドナー・イレブン」の記者発表会が都内で行われ、元Cheeky Paradeの鈴木真梨耶・鈴木友梨耶らキャスト陣が出席し意気込みを語った。

本作は11人のレジスタンスに紛れ込んだスパイを探す心理ゲームを、アリスインプロジェクトの舞台の中の人気作品である「魔銃ドナー」の世界観で繰り広げられるゲーム系舞台。

赤見清子役を演じる鈴木真梨耶さんは「この舞台は素晴らしいです。皆さんに絶対見に来て欲しいです。本番中はクールな赤見清子を演じられるように頑張りますので、是非楽しみにしていてください。」

柚木鬼灯役を演じる鈴木友梨耶さんは「アドリブ心理劇ということで、台本も有るんですけど、ほとんどアドリブでしかも役を演じなきゃいけないということで、どういう感じになるんだろうと緊張してるんですけど、一生懸命頑張りたいと思います。役自体はちょっとキツイ生意気な性格の子で、怖いんですけど、私、本当はそんな怖くないですから怖がらないで観て頂ければと思います。」とコメント。

鈴木真梨耶&鈴木友梨耶姉妹は、それぞれ異なる出演日となっているのだが、唯一 12月23日(日)の13:00からの公演と、12月30日(日) 12:00公演のみ同じステージで共演する。

鈴木真梨耶さんは「実はわたくしとしたことがリーダー(赤見清子がリーダー)をやるんです。リーダーに向いてるかと言えば、そうではなくて、いろんな所でずっと最年少だったので、リーダーやっていいのかなという感じなんですけど、カッコよく冷静に頑張って行きたいと思います。」

一方、赤見清子は柚木鬼灯役の姉という役柄の上でも姉を演じる鈴木友梨耶さんは「赤見清子とも因果関係やいろんな複雑な関係があったりして、妹がバイツに殺されている、それの場面で関係してくる所が有るので、バチバチしてちょっと面白いかなと思います。ゲームの勝ち負けというより、過程をすごく楽しめる舞台だなとすごく思っていて、バイツがどうやって自分たちの勝利に導くことを行うのか、こういう切り口も有るんだという所を楽しんで頂ければと思います。」と見どころをアピールしていた。

舞台「ドナー・イレブン」は池袋シアターKASSAIにて12月19日(水)~ 30日(日)まで全18公演上演される。

関連リンク

アドリブ心理劇 ドナー・イレブン公式サイト
http://aliceinproject.com/

タイトルとURLをコピーしました