モーニング娘。’18 飯窪春菜、“私の人生で一番大切なのは私のファンの方! 未来永劫、大好きでいることを誓います!”と宣言!

12月16日、モーニング娘。'18コンサートツアー秋~GET SET, GO!~ファイナル 飯窪春菜卒業スペシャルが日本武道館で行われた。
飯窪春菜さんの卒業コンサートで、しかも日曜日ということも有り、約10,000人のファンが日本武道館に大集結し超満員!熱いファンの声援が館内に響き渡っていた。

まずは、飯窪春菜さんのモーニング娘。'18としてラストシングルとなる「自由な国だから」を披露。

「Are you Happy?」「ブレインストーミング(updated)、VTRをはさみ、「憧れのStress-free~モーニング娘。'18 ver~」「ナルシス カマってちゃん協奏曲第5番」を披露。

続いてのMCでは、アンジュルムのリーダーでハロー!プロジェクトのリーダー 和田彩花さんが飯窪春菜さんの2012年8月までにイメージカラーだったチョコレート色の衣装を着て登場。

思わずその衣装の色に飯窪春菜さんはびっくりすると、花束を受け取り、ハロプロリーダー恒例のお手紙を読むことに・・・。

「よしっ!」と気合を入れる和田彩花さん。

はるなんへ

ご卒業おめでとうございます。

思い返すと、はるなんがハロー!プロジェクトに加入して数ヶ月ほど経った時には既に私とはるなんの中に友情ができていたように思います。

グループを超えてたくさんの時間を一緒に過ごして来て来ましたので、ハロー!プロジェクトを代表してではありますが、はるなんの友人としての言葉も入ることを先にお断りしておきます。

私たちはお仕事の仲間というよりも同い年として話すことが多く、それも随分偏った話をよくしました。

宇宙の果てについて、生きることについて、人類について、出会った時から今も変わらずそんなことを話しています。

こんな壮大なテーマを話し合えるのははるなんだからできたことです。

とはいえ、私たちの共通点は実はあまりありません。

趣味も違います。

むしろ話していて趣味は合わないなと思うことも多々あります。

ですが一緒にいてお互いを認め、励ましあっていたのも事実で、とっても大切な存在です。

そして、そんなはるなんがファンの皆さんの前で見せてきた姿は私がいつも見ていたはるなんではありませんでした。

それを知ったのは先月行われたはるなんのバースデーイベントでのことです。

ステージ上にいるときのはるなんはいつもより幼く見えました。

そしてそんなはるなんを応援する皆さんはずっと温かく見守っているのです。

ステージ上にいる時のはるなんがいつもより幼く感じたのは、そんな温かさで、たくさんの方に見守られてきたからでしょ、とっても素敵な関係だと思いました。

それからあっという間に今日になりました。

きっと今日もたくさんの方に見守られながら新しい一歩を踏み出すのだと思います。

最後まで素敵な思い出をみんなで作ってください。

そして、これからもはるなんは私にとって大切な存在です。

改めてご卒業おめでとうございます!

飯窪春菜さんは友人としての和田彩花さんに思わず抱き着き、「すごく緊張しました。今、この瞬間プライベートみたいな瞬間になって、本当に嬉しいです。」とニッコリ。

和田彩花さんはハロー!プロジェクトのリーダーとして飯窪春菜さんの卒業を祝福。

そして、再びライブパートに戻り、飯窪春菜さんのモーニング娘。'18としてラストシングルとなる「フラリ銀座」を披露。

メドレーでは「そうだ!We're ALIVE(updated)」「LOVEマシーン(updated)」「ザ☆ピース!(updated)」「恋愛レボリューション21(updated)」「Go Girl~恋のヴィクトリー~」を披露。

モーニング娘。の天気組、10期の石田亜佑美さんと佐藤優樹さん、そして11期の小田さくらさんとの仲の良さがわかるライブにファンはほっこり。

本編終盤では「恋してみたくて」「ロマンスに目覚める妄想女子の歌」「Moonlight night~月夜の晩だよ~」を披露。見応えの有るモーニング娘。のライブにファンは熱狂! 本編ラストは「What is LOVE?」を披露した。

会場内はハニー色のサイリュームで満ち溢れる中、アンコールがスタート!

アンコールでハニー色の衣装で登場した飯窪春菜さんがお手紙を読むことに!

皆さんにお手紙を書いて来ました。読ませて頂きます。

私、飯窪春菜は2011年9月29日に元気印オーディションでモーニング娘。10期メンバーとして加入しました。

そこから約7年3ヶ月、私はモーニング娘。としてかけがえのない日々を過ごしてきました。

普通じゃ経験できないこと。大切なものがたくさんできたこと。自分だけの人生じゃ気づくことができなかったこと。

私の人生を色濃く彩ってくれたのがモーニング娘。です。

元気印オーディションから、ということで集まった4人が本当に元気で、“10期最強伝説!”とか言いながら、どのメンバーよりはっちゃけていたと思います。

そんな楽しい日々の中で、正直しんどいこともたくさんありました。

歌・ダンスが未経験っていうことだけじゃなく、加入した時点で9期10期の中で最年長。

何もできない最年長でいることが何よりしんどかったです。

それでもめげずに折れずに、ここまでやってこられたのはどんな時でも応援してくれる人が必ずいたからです。

私が一番、皆さんの応援のパワーの凄さを知っている自信が有ります。

今、皆さんの目の前にいる飯窪春菜は、この7年の間に作って頂いたものだと思っています。

指の先、足の先、髪の1本1本まで、皆さんに作ってもらった私なんです。

だからこの身全部がこれからの人生の大きな財産です。

この感謝の気持ちをどうやって返そうって思った時に、私のことを好きだと言ってくださる人たちの前に、この先もずっと在り続けることだと思いました。

そして今までも言ってきたけど、私の人生で一番大切なのは私のファンの方です。

未来永劫、大好きでいることを誓います。

私って“重い女”なんですよ。だから絶対好きですよ!はい!

そしてメンバーのみんな、今までサブリーダーとして12期の教育係として至らない点がたくさんありました。

逆にどこがちゃんとできていたんだろうって言うくらい・・・。

それでも話す時にはいつもしっかり目を見て聞いてくれて理解してくれて、“あぁ、みんなで支えあってグループの形ができて行くんだな”と気づかせてくれました。

12期がね、固まってワイワイしてる姿を見るとそれだけで可愛くて泣きそうになるんです。

良い教育係ではなかったけど、そんな私に“飯窪さんは12期のお母さんです”って言ってくれたことがどれだけ嬉しかったか。

本当にありがとう!

モーニング娘。としての活動は今日で終わりますが、これからも皆さんの前に在り続けるために、今日のこの卒業公演は私にとって次に繋がる公演にしたいです。

ツアータイトルも“GET SET GO!”ですし、次の未来の為に、“よーいどん”したいと思います。

7年間本当にありがとうございました。

お手紙を読み終えると、曲のイントロが流れ「Go Girl~恋のヴィクトリー~」のカップリングの「恋ING」だとわかると、観客席から「おぉ・・・」と歓声が・・・。

飯窪春菜さんは「恋ING」をしっとりと歌い上げ、この卒業公演をきっかけに「全ての始まり」がスタートすることを心に刻んでいた。

卒業公演のラストは「わがまま 気のまま 愛のジョーク」で無事、飯窪春菜さんの卒業を約10,000人のファンが見届けた。

卒業後の活動として飯窪春菜さんは、まずはピンクの髪と羊ヘアー、両目尻のほくろがチャームポイントのバーチャルアイドル Ni-na(ニーナ)をプロデュースすることを発表。

飯窪春菜さんがゼロから歌やダンス、演技指導プロデュースを行う。

動画も順次公開されていくので、チャンネル登録しておこう!

Ni-na YouTube Channel:
https://www.youtube.com/channel/UCn75BLMKpV8w0uH8JcfilWQ/

Twitter:
https://twitter.com/niiiiiina1215

モーニング娘。’18 飯窪春菜

タイトルとURLをコピーしました