市川美織 2019年は恩返しできるような1年にしたい!

スポンサーリンク

11月24日、元NMB48のメンバーで現在は女優として活動している市川美織さんの「2019年カレンダー」(トライエックス)の発売記念イベントがブックファースト新宿店で行われた。

今回のカレンダーは初のソロカレンダーになるそうで「初めて個人的にカレンダーを出させて頂くんですけど、思ったより写真がアップで大きくてびっくりしてるんですけど、すごく素敵な私の今の感じの魅力が伝わるカレンダーになったと思います。寝起きとか彼女感の有る写真だったり、なかなか着れない浴衣を着た撮影だったり、季節感をとにかく出さなきゃいけないということで、いろんなお洋服を着ました。」と紹介。

お気に入りのカットとして浴衣を着ているカットを上げ「私、なかなかプライベートで浴衣を着る機会も無くて、今年初めての浴衣だったので、すごく嬉しくて、はかない感じが私的に浴衣美人というか、ザ・日本の感じがいいなと思いました。」とコメント。

どこに飾って欲しいか質問されると「一番見る所がいいなと思うので、リビングがあったら、リビングのテレビの上とか、あとは寝室の天井とか、トイレとか、ドアとか、いろんな所に貼っていただいて、いろんなみおりんを堪能して頂ければと思います。」と話していた。

2018年を振り返り、「NMB48を卒業したのが5月なので、そんなに経ってはいないんですけど、すごく(時間が)経ったかのように、充実した毎日を卒業してから送らさせて頂いて、いろんな仕事にも携わせて頂いてるので、今年はいろんな経験ができた年になりました。舞台やお芝居をさせて頂く機会があったり、あとはお洋服のコラボレーションとかで作ったりする機会が多く、自分で物事を考えて、考案するという作業を最近するので、私の考え方がすごく変わった気がします。今まではグループの中でどうやって自分を出していくかということを一生懸命考えていたんですけど、今では逆に今の自分の中で何が生み出されるのかなという、誰かに何かをしてもらいたい、誰かの為にというのはすごく思うようになりました。」と熱く語っていた。

2019年の目標として「自分のやりたいことは何でも挑戦して行こうとは思ってるんですけど、よりファンの方との時間を作れるように、ファンクラブも設立したので、イベントとかももうちょっとやって、皆さんとより近く楽しんで貰えるように恩返しできるような1年になるように、自分も仕事を全部頑張って行きたいと思います。」と語っていた。

ちなみに普段はメガネをかけることは無い市川美織さんだが、カレンダーの中では貴重な“メガネみおりん”が見られるので、そちらも要チェックです。

スポンサーリンク

オンラインショップで購入