石田明(NON STYLE)、「ノーマーク爆牌党」を実写化できることに携われて本当に嬉しい!

スポンサーリンク

10月27日、映画「ノーマーク爆牌党」(配給:AMGエンタテインメント)の初日舞台挨拶がシネマート新宿で行われ、石田明(NON STYLE)、矢本悠馬、長澤茉里奈、高崎翔太、富澤昭文監督が登壇した。

本作は伝説の麻雀漫画「ノーマーク爆牌党」がついに実写映画化。魅力的なライバル達が奏でる伝説の闘牌を見ることができる。

石田明さんは「爆岡弾十郎役ということで焦りました。すごく人気の有るキャラクターでも有りますし、あの頭どうすんねんみたいなこともあって、いろいろ逃げてこうなりました。」と、劇中衣装・ヘアメイク姿を観客に見せた。

続けて石田明さんは「爆岡弾十郎役に決まった時にエゴサーチをしたんですよ。辛辣な意見が多くて焦りました。覚悟はしてたんで・・・。」と心境を吐露。

鉄壁保役の矢本悠馬さんは「麻雀は全くの無知だったので、作法の練習が有ると言われて、手の動きが難しく、結構強い役で、あとは喋ってないシーンが多くて、真顔のバリエーションにめちゃくちゃ不安でした。」と不安の連続での演技だった様子。

九蓮宝燈美役を演じた長澤茉里奈さんは「唯一オーディションだったんです。」と話すと、キャスト陣から「なぜ受かった!?」と驚きの声が・・・。」

長澤茉里奈さんは「矢本君に初日からめっちゃアドバイスしてくれました。」と語ると「みんなお芝居めっちゃできるから毎日勉強になりました。」と、この作品で、演技力がちょっとだけ向上した様子。

当大介役の高崎翔太さんは「僕も麻雀初めてで、麻雀牌を買って練習しました。矢本君と2人で巣鴨の道場でプロの人に教えてもらいました。矢本君がでっかい柄シャツにダボダボのズボンで、夜にサングラスで・・・。」と暴露。しかし、撮影現場ではスーツ姿で「撮影も麻雀も楽しかったです。」と語っていた。

最後に、石田明さんは「ノーマーク爆牌党という麻雀ファンからしたら、本当にたまらん原作を、実写化できることに携われて本当に嬉しいです。麻雀をわからない人にも伝わりますし、麻雀を知ってる人にも面白いテクニカルな部分もあったりして、すごく楽しめる作品です。何よりも青春映画のような爽やかな気持ちになれます。一番、観て欲しいのは、(相方の)井上よりもカッコ付けてると思います。」と語り笑いを誘っていた。

映画「ノーマーク爆牌党」はシネマート新宿・心斎橋で公開中!

スポンサーリンク

関連リンク

映画『ノーマーク爆牌党』公式サイト
http://bakuhai-movie.com/

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする