矢野聖人、映画初主演に“20代のうちにやりたいことの夢の一つが叶った”

10月11日、映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」の完成披露上映会がシネマート新宿で行われ、矢野聖人、武田梨奈、岡本玲、藤原知之監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は和歌山県にあるクジラだけを飼育している「太地町立くじらの博物館」を舞台に、クジラを愛する青年・鯨井太一をリーダーとし博物館を盛り上げていく様子を描いたクジラと人間の奮闘記。

鯨井太一役で映画初主演の矢野は「20代のうちにやりたいことの夢の一つが叶った。ちょっと気恥ずかしいですけれど、初主演がこの映画で良かった」と嬉しそう。

日本一のトレーナーを目指すヒロイン・白石唯役の武田は「ただの青春映画ではなく、賛否両論あるテーマを含んでいるので、撮影に入る前に監督に対して自分の想いを熱く語ってしまいました。それだけ愛情を込めて作った作品です」とアピールした。

矢野は和歌山県での撮影を振り返り「自然が溢れている場所でロケができて、気持ちも伸び伸びできた」と癒されたようで、武田も「土地柄の温かさにも助けられた。ホテルの前にラーメン屋さんがあって、自然とみんなで集まって食べて仲良くなれた」と和歌山県ならではの風土に感謝。和歌山県出身の岡本は「お芝居で地元の人柄を伝えたいと思っていたので嬉しかった」と凱旋出演に感激し「実は3人とも91年生まれ。だから和歌山ラーメンを食べて色々と語り合うことができた」と同世代ならではの絆を強調。矢野も「同い年だから変に気を使わなくて良かったし、共通の話題で盛り上がることができた」と頷いた。

クジラとの共演に「クジラは普通、知ることのできない未知の動物だけれど、実は人間っぽいところがあって、それぞれに個性もある。トレーニングを積んだ僕らクラスになるとクジラの機嫌もわかるようになる」と得意げな矢野。

しかし武田や岡本からは意外な証言が…。「調教練習のために合宿先に行ったら、先に来ていた矢野君が『僕がクジラ役をやってあげる』と言っていた。ここまで役作りしているのかと感動した」(武田)、「しかもそれはまだ親しくもなっていないような時期。『僕がクジラをやるんで』と紳士的に言ってくれた」(岡本)。褒めているようで実はイジっているこのコメントに、当の矢野は「そうしたら『変な人』みたいに思われた!でも役作りだから変じゃない。そもそも僕はクジラ役ではありません!」と困惑も、2人のイジリに爆笑だった。

また映画にちなんで「挫折の乗り越え方」を聞かれた矢野は「そういう時は自分を応援してくれる人たちの顔を思い浮かべる。もしくは一度ゼロになってリセット」と答え、武田も「映画館に行って一度無になる」とリフレッシュ方法を挙げた。一方の岡本は「滝行」といい「大雨の次の日に打たれた時は、あまりの痛さと息苦しさで死ぬかと思って大号泣。でもそれによって“人間は弱いモノ”というシンプルな思考が芽生えて前向きになれた。自然の偉大さを感じられたので、邪気が溜まったらまた行きたい」と大胆なストレス発散エピソードを披露した。

最後に藤原監督は「動物やたくさんの登場人物など、難しい要素がすべてそろっての撮影だったけれど、クジラはとても賢くて大変な思いはなかった。アドリブもしてくれたりして、実際の飼育員の方も驚く場面があったほど」とクジラの名演アピール。主演の矢野も「自然の美しさ、クジラの可愛さが詰まった作品だけれど、観た人がそれぞれ感じて、それぞれの感じ方で楽しんでほしいです」と劇場公開に期待を込めた。

映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」は11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開!

©2018映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」製作委員会

関連リンク

映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」ボクジラ公式サイト
http://www.bokujira.com/

タイトルとURLをコピーしました