メガネベストドレッサー賞にモーニング娘。’18、豊川悦司、加藤綾子、ダレノガレ明美らが受賞!

10月22日、第31回 日本メガネベストドレッサー賞の表彰式が東京ビッグサイトで行われ、政界部門に石井啓一、経済界部門に似鳥昭雄、文化界部門に加藤綾子、芸能界部門に豊川悦司、サングラス部門にダレノガレ明美、そして特別賞にモーニング娘。’18が選ばれた。

モーニング娘。’18はこの日はメガネ選抜で登場し、譜久村聖さんは「この度は本当に素敵な賞をいただき、モーニング娘。’18一同とても感謝しております。実は私のメガネとの出会いなんですけど、まず先にメガネケースから出会っていて、小学2年生の時に可愛いメガネケースを見つけて、お母さんに“これどうしても欲しいから買って!将来絶対メガネをかけるから!”と約束してから、メガネケースを買って、その3年後に視力が弱くなりメガネを買ってもらうことができて、そのメガネとメガネケースで持ち歩いて、学校の授業を受けていました。なので私にとって、メガネは日常品となってます。なのでこうして選ばれたことが嬉しいです。」

加藤綾子さんは「小学生の頃からメガネをかけてるお友達にすごく憧れを持っていました。知的だな、セクシーだなと憧れてはいたものの、社会人になってから通勤中にメガネをかけるようになって、今となっては本当にファッションの一部というか欠かせない存在です。」

豊川悦司さんは「メガネという物が持ってる独特の形というか印象がとても大好きで、どうしても自分の自分の家にたくさん並べてしまいたくなるようなシンプルだけど、とても力強い存在感の有るツールです。」

ダレノガレ明美さんは「本当に嬉しいです。実は小さい頃からサングラスがすごく好きで、3歳くらいからサングラスが大好きで、今でも家に50本から60本ぐらい有るんですけど、週刊誌に撮られる時に、なんでそんなにコロコロ変えていっぱい付けてるんだというぐらい毎回サングラスを付けて週刊誌に撮られてます。それくらい大好きで、これからもたくさん集めて30代・40代になってもたくさんの人にサングラスを見ていただき、私と同じような気持ちになってもらいたいなと思います。」とそれぞれ受賞の喜びを語っていた。

関連リンク

日本 メガネ ベストドレッサー賞
https://www.ioft.jp/ja-jp/Concurrent-Events/index.html

タイトルとURLをコピーしました