女優 足立梨花が弁理なアイデア展で披露したものとは?

スポンサーリンク

10月14日、ヒット商品や生活の中から生まれた便利グッズや、おもしろ発明家による傑作などを展示する、日本弁理士会のイベント「弁理なアイデア展」が、KITTE丸の内1Fアトリウムにて始まり、オープニングのトークショーに女優の足立梨花さんが登場した。

このイベントでは、様々なヒット商品が生まれたヒットのカゲに、弁理士のお仕事も紹介されている。

足立梨花さんは「こんな便利なグッズを目の当たりにすると、日々支えられているんだなと改めて思いますけど、普段からもっともっと便利なものが出ればいいなと考えることがいっぱいあるので、この場に呼んで頂けてすごく嬉しいです。」と挨拶。

トークショーでは知的財産権について紹介され、身近なものにも特許・商標が登録されており、足立梨花さんは「どれがどうなのか気になってきます。」とコメント。

実際に一風変わった特許取得品の「あごハンモック」がステージ上に用意され、これは腕を使わずに頬杖を突けるそうで、足立梨花さんも実際に体験。

足立梨花さんは、「すごくいいです。メイクとかも崩れにくいし、髪の毛も崩れにくいから楽屋に欲しいかも。」と感想をコメント。

実はこのイベントに参加するにあたり、足立梨花さんも発明品を考えてきたそうで、「ティッシュマン」のアイデアの絵を披露。

服のいろんな所から、ティッシュが出せるようにしたアイデアで、「(ティッシュを)ご自由にどうぞと、そこから笑顔が生まれたり、コミュニケーションが取れたりするのかな・・・。服にしちゃえばいいのかなと思いました。」と解説。

ちなみに、このアイデアは2週間かけて考えたそうで、将来は足立梨花さんがデザインしたものが商品化されるかどうかはわからないが、アイデアを商品化する際に、知的財産権の権利取得について、弁理士に相談をすると、最良な権利の取得についてアドバイスしてもらえるとのこと。

この日は10月16日が足立梨花さんの26歳の誕生日ということで、サプライズで誕生日を祝福。

足立梨花さんは「いくつになっても誕生日を祝ってもらうことは嬉しいので、また来年の誕生日になるまでの間に、一つアイデアを考えて、特許取ってみたいなと思います。」と語っていた。

この「弁理なアイデア展」はKITTE丸の内 1Fアトリウムにて、10月15日(月)まで開催。


動画URL: https://youtu.be/AZYdj3WhDHg

スポンサーリンク

関連リンク

弁理なアイデア展 - 日本弁理士会 -
https://www.jpaa.or.jp/lp/nbk-event/

タイトルとURLをコピーしました