映画「殺る女」完成披露上映会で知英&武田梨奈が初対面!武田梨奈がまさかの告白?「知英さんになりたい」

スポンサーリンク

10月3日、元「KARA」のメンバーで、女優としても活躍している知英さんが主演する日米合作映画「殺る女」の完成披露上映会がシネ・リブール池袋で行われ、知英さんと、共演の武田梨奈さん、そして宮野ケイジ監督が登壇した。

本作は、幼い頃に家族の命を奪われたことがきっかけでプロの暗殺者になった愛子(知英)が、心に闇を抱えた看護師の加賀由乃(武田梨奈)とその兄の加賀俊介(駿河太郎)と出会うことで、動き出した運命に翻弄されていく姿を描いた作品。

知英さんは、殺し屋の役を演じるのは今回で二度目。今作の主役「愛子」については「(愛子は)口数が少ないクールな性格。最初はセリフを覚えなくてラッキーと思いましたけど、その分、苦しみや悲しみといった感情を表情や目の演技で表現しなければいけなかったのが大変でした。また、作中に何度も登場する銃の扱いになれるため、撮影現場では常に銃を手に持っていました」。と熱演の裏側を語った。

物語の重要な鍵を握っており、心に闇を抱えた女・加賀由乃役を演じた武田梨奈さんは「普段は吸わないタバコを劇中で一か月間吸い続けるなど、加賀由乃の闇を色々考えながら過ごしていました」とコメント。

今作の脚本も手掛けている宮野ケイジ監督は、「クライマックスに愛子が自分と向き合うシーンから作り上げていった物語。セリフを敢えて少なくすることで、それぞれの感情、表情を浮き彫りにするようにキャラクターを作っていきました。その結果、台本も薄くなりましたね」とそのこだわりを語った。

知英の印象を尋ねられた武田梨奈さんは、この日が初対面であることを告白。知英さんは「(武田梨奈さん)は、可愛くて笑顔が素敵。これまでアクションがすごい活発なイメージだったのですが、この映画ではか弱くて儚げな感じの演技が印象的でした」とコメント。対して武田梨奈さんは「知英さんと目の前で見つめ合って下さいと言われたけど、恥ずかしくて見れなかった。透明感があって、綺麗で、知英さんって本当にいたんだと思いました」と思いを露わにした。

さらに「芝居もダンスも歌も言葉も喋れて、性格もすごく優しい。悪いところが一つもないから悔しい。知英さんになりたい」とまさかの告白。知英さんも「次はぜひ、一緒に撮影したい。監督、お願いします」とさらなる共演にも意欲を見せた。

また映画の内容にちなんで「運命が変わったターニングポイント」を聞かれた宮野監督は「実はこの映画のラストシーンは撮影の中盤で変えました。知英さんに相談したところ、同じような感覚だった。それによって編集の組み方も変えたので、大きなターニングポイントになった」と制作の舞台裏を告白した。

武田梨奈さんは初主演映画『ハイキック・ガール!』(2009)を挙げて「私を映画界の一人として初めて正式に迎え入れてくれた作品で、あの時があるからこそ、今のすべてがある。10 年前の自分に“良かったね!”と言いたいです」

知英さんは「女優をはじめたことは、第二の人生を生きているみたいな感じなので、こうして日本で活動できているのも、自分の人生においての大きなターニングポイント。これからも色々な現場での出会いを大切にしていきたい」と想いを新たにした。

最後に知英さんは、「激しくてかっこいいアクションは見どころの一つですが、それぞれのキャラクターが抱えている闇や悩みなどを丁寧に描いているので、ヒューマンドラマとしても楽しんでほしいです」とアピールした。

映画「殺す女」は10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開!

スポンサーリンク

関連リンク

映画「殺す女」公式サイト
http://yaruonna.com/

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする