映画「ダブルドライブ〜龍の絆〜」が初日! 佐藤流司・藤田玲・木﨑ゆりあ・脇知弘が舞台挨拶に登壇し超満員の劇場は大盛況!

スポンサーリンク

9月22日、車が紡ぐ流れ者たちの生き様を描いたクライム・カーアクションムービー 映画「ダブルドライブ〜龍の絆〜」(企画・配給:AMGエンタテインメント)が公開され、初日舞台挨拶に佐藤流司・藤田玲・木﨑ゆりあ・脇知弘が登壇した。

本作は、多額の借金を抱え、盗難車ビジネスに手を染めた、五十嵐純也(佐藤流司)が盗んだ高級車のトランクに監禁された美女(木﨑ゆりあ)との出会いを機に思わぬ事件に巻きこまれる様を描いた作品。

この日の舞台挨拶には、21時半の開始にも関わらず、超満員で立ち見の観客もおり、キャスト4人が登場すると大盛況。

主役の佐藤流司さんはいきなり、凛々しい表情で「30分、この顔でいきます!」と話し、劇場内を笑いの渦に巻き込んでいた。

佐藤流司さんは「やっぱり主役という立場は非常に重く受け止めていて、頑張ろうと思いました。気合十分で臨みました。朝イチでの撮影で、純也のテンションに持っていくのが大変で、良い経験をしました。ものすごく短期間で撮りましたけど、素敵な作品に仕上がっていて感動しました。絶対面白いと思います。」とコメント。

藤田玲さんは「僕は任せっぱなしというか、ドシッとしてなきゃいけないので、軽快な所は全て純也(佐藤流司)がやってくれるので、すごく低血圧なのに頑張ってくれてるなと思いました。今回、このシリーズに流司に出て欲しいと、僕から言わせて頂いたんですよ。その時に思っていた、流司 カッコいいシーンみたいなというのが、最後ばっちりあって、その顔を見た瞬間に“これはイイ、やったったぜ”と思いました。素晴らしい役者です。」と、佐藤流司さんを絶賛。

木﨑ゆりあさんは「お二人(佐藤流司・藤田玲)が仲がいいので、入る隙がなくて、私は見てるだけでした。」とコメント。

その仲の良さは、この日の佐藤流司さんと藤田玲さんの掛け合いも現れており、仲の良さが際立つ舞台挨拶となっていた。

また、初の人妻役を演じた木﨑ゆりあさんは「人妻になってしまいましたね。いよいよそういう年齢になったかと思いました。自分とは正反対の役で、私からしたらあり得ないようなことが繰り広げられてます。私自身はDVされたらその倍返すので、なかなか自分とすり合わせするのが大変でした。」とコメント。

DVをする和尚を演じた脇知弘さんは「僕は絶対に男としてやっちゃいけないのがDVとずっと思っていて、それをやってしまうのは正直心痛かったんです。嫁さんにDVの人と付き合ったことは有るか聞いたんですよ。それは無いと言われて、友達の知り合いの所からの話を聞くと、DVの人の特徴として、ボコボコにした後に泣きながら誤ってくるとか、いろいろと情報が来ました。」と、役作りの為に情報収集したエピソードを語っていた。

最後に脇知弘さんは「この映画を観たあと、僕のことを嫌いにならないでください。本当にすごく見応えのある素晴らしい映画だと思うので是非楽しんで行ってください。」

木﨑ゆりあさんは「カーアクションもカッコいいですし、男性陣もすごくカッコイイですし、亜梨紗も結構病んでいたり、いろんな見どころがあると思うので、キャストがいる分だけ、いろんな目線で見に来てくれたら嬉しいなと思います。」

藤田玲さんは「純也が主役のダブルドライブということで、今回初めて、引いた目線で居れるアベルでしたし、純也が奔走してるのを見れたのがすごく楽しかったです。映画を観た時にうらやましいぐらい、いい意味でわかりやすくて、これまで以上にいろんな人が楽しめる映画になっていると思いますので、是非それを皆様に広めて、みんなで楽しく、ファミリー映画ですから・・・・。是非楽しんでください。」

佐藤流司さんは「今回、非常に純也の魅力あふれる映画になっていると思います。自分自身も純也ってやっぱカッコいいなと改めて思えるのが“ダブルドライブ〜龍の絆〜”を観て思った率直な感想でございましたので、今回観てそう思っていただけたら幸いでございます。あと帰りにできれば皆さんメロンパンを食べて頂いて帰路に就いて下さい。」とアピールしていた。

映画「ダブルドライブ〜龍の絆〜」はシネマート新宿・心斎橋で公開中!

スポンサーリンク

関連リンク

映画『ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~』公式サイト
http://doubledrive-movie.com/

関連写真

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする