岡田結実、宮本茉由、玉田志織が女優宣言! 先輩女優 菊川怜は“一歩ずつ前に進んで楽しみながら頑張って”とエール

スポンサーリンク

9月12日、オスカープロモーション2018女優宣言お披露目発表会が都内で行われ、岡田結実、宮本茉由、玉田志織の3人が女優宣言した。

過去には米倉涼子さんや菊川怜さん、上戸彩さんなどが女優宣言を行い、ドラマや映画で活躍している。

岡田結実さんは「私は今まで、タレントだったりモデルだったり、様々なお仕事をさせて頂く中で、女優というお仕事を何度かさせて頂いたのですが、改めて“女優宣言”という素敵な機会を頂けたことが光栄です。」

宮本茉由さんは「二十歳まで普通の大学生をしてまして、20代からの芸能界デビューは難しいんじゃないかなと諦めていたんですが、20代からも努力すれば夢は叶うということを体現し、多くの夢を持つ20代の方に伝えて行けたらいいなと思います。」

玉田志織さんは「このような素敵な場所に立たせて頂いて、すごく光栄ですし嬉しく思っています。緊張しているんですが精いっぱい頑張ります。」と、それぞれ挨拶。

この日は、特別ゲストとして菊川怜さん、河北麻友子さん、田中道子さんも駆けつけ、菊川怜さんは「皆さんの女優宣言の日に、私もこうして立ち会うことができて、とても嬉しく思っています。これからたくさん大変なこと楽しいことあると思いますけど、今日の日を忘れずに一歩ずつ前に進んで楽しみながら頑張ってください。」とエールを送った。

岡田結実さんから「女優として心がけていること」を質問すると、河北麻友子さんは「一生懸命演じれば誰かが見てると思うので、一生懸命やることを忘れずに頑張って欲しいなと思います。」と女優としてアドバイスしていた。

最後に、岡田結実さんは「役者としても女優としても、いろんな方、監督さんだったり、脚本家さんだったり、役者さんと出会うことによって、今の目標と、未来の目標は変わって行くと思うんですけど、今現在言えることは、主役を張れる女優さんにももちろんなりたいんですけど、主役の人を抜いて、次に誰が(名前が)上がるとなった時に、“岡田結実でしょ”ってなるような、そんな女優さんにもなりたいですし、周りの人に感謝を忘れない、人としても、女優としても輝ける人になって行きたいなと思います。」

宮本茉由さんは「私は映画やドラマを観てる人が、本当にその世界に入れるようなナチュラルなセリフを忘れさせられるような女優さんになりたいなと思っています。人間的にも初心を忘れずに周りの方への感謝の気持ちと、自分がここに居られるのは何故かということをしっかり考えながらお仕事を一生懸命挑戦して行きたいなと思っています。」

玉田志織さんは「私は小さい頃から、テレビから元気や笑顔をたくさんもらって来たので、今度は私が、観ている方に元気や笑顔を届けられるような太陽のような女優さんになれたらいいなと思っています。」と、3人がそれぞれ女優宣言した。

関連写真

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする