浜辺美波、高杉真宙、森川葵、観客と“ダブル神経衰弱”対決で賭け狂い!さらに、オープニングテーマ曲をRe:versedが生披露!そして、実写ドラマ「賭ケグルイ season2」&「映画 賭ケグルイ」 制作決定を発表!

スポンサーリンク

8月9日、シリーズ累計400万部突破の同名人気漫画を原作に、今年1月よりMBS、TBSにて放送され、驚異の原作キャラクターの再現度や変顔などで大きな話題を呼んだ「賭ケグルイ」。本ドラマのBlu-ray&DVD発売を祝しての特別イベントが、8月9日(木)に都内で開催され、主演の浜辺美波をはじめ、高杉真宙、森川葵、英勉監督が登壇した。スペシャルゲストとして、オープニングテーマ曲を担当したRe:versed(巴山萌菜)も来場し「一か八か」を会場で熱唱!さらに重大発表として本ドラマのseason2の制作、そして「映画 賭ケグルイ」の制作も発表され、会場は熱狂に包まれた。

浜辺さんらはおなじみの百花王学園の赤いブレザーの制服姿で登場。浜辺さんは、めったにない劇中衣装でのイベントに「恥ずかしい中で、新鮮な気持ちでやってます。スカートが短すぎてお辞儀に戸惑います…(笑)」とはにかみつつ挨拶。森川さんも「久々に着たんですけど、恥ずかしい(笑)。23歳にもなってツインテールで大丈夫かな…? と思ったんですけど」と恥ずかしそうに語るが、会場からは大きな拍手! むしろ、会場がどよめいたのは、なぜか英監督までも同じブレザー姿で登場したこと…。なぜか赤い帽子までかぶっての登場となったが、英監督は「豆生田楓役の中川大志です!」と堂々の挨拶。「楽屋で着せられ始めて、最後はスタイリストさんの帽子まで被せられて…。ひどい放置プレイですが、温かい目で見てください」と語り、会場は爆笑に包まれた。

この日は、各キャストが“滾った”ドラマのシーンをチョイス。浜辺さんは、6,7話で、矢本悠馬演じる木渡潤を夢子(浜辺)&芽亜里(森川)コンビが見事にハメるシーンを選択。「すごく印象に残ってます。早乙女さんとはずっと敵対してて、協力するのが初めてだったので、やってて楽しかったです。チームワークで『どうやる?』と話しながら撮影するのが楽しかったです」と振り返った。

ちなみにこちらのシーンでは、高杉さん演じる鈴井は、別の場所でゲームを見守りつつ、リアクションする姿が映し出されたが、ドラマを通じて高杉さんは、こうしてみんなとは別でリアクションを撮影することが多かったそうで「基本、ひとりでグチグチ言ってました(笑)。グリーンバックで(夢子たちの様子が)こんな感じかな? と想像しながら…。みんなはワチャワチャと楽しそうで…」と寂しそうに述懐。浜辺さんから「高杉さんDAY(※高杉さんのみの撮影日)は、(他キャストは)お休みになるからありがたかったです」とフォロー(?)が入り、会場は笑いに包まれた。

その高杉さんは、鈴井もゲームに参加する9、10話での生志摩妄(柳美稀)との戦いをピックアップ。「それまで、解説するばかりで、初めてゲームに参加したので」と明かした。ちなみに高杉さん、毎ゲームごとに求められる、鈴井のリアクションを考え出すのにかなり苦労したそうで「監督から毎回、『まだ(リアクションが)あるでしょ?』と言われるんですよ(苦笑)。考えるのに必死でした」と振り返った。

そして、森川さんは、“家畜(ミケ)”に身を落とした夢子が「ニャーン、ニャーン、ギャンブル中毒の負け猫だニャーン」とリアクションする姿に「滾った」と告白。スクリーンにこのシーンが映し出されると「カワイイ! 猫耳が私には見えます! ホント、胸がキューってなりました。夢子好き! 美波たん大好き!!」と浜辺さんへの愛を熱く語っていた。

さらにゲストとしてオープニングテーマ曲を歌う巴山さんが登場したが、巴山さんが歌う「一か八か」に合わせて、各キャストが登場するオープニングシーンは、キャスト全員共通の「滾る」シーンだったそう。

浜辺さんは「曲が素敵で、ノリノリでした!」と楽しそうに語り、高杉さんは「鈴井が『戦ってる』と(周囲から)言われました。壁ドンとかしてますからね(笑)」本編では見られない“強い”鈴井の姿を楽しんで演じたよう。巴山さんは「毎回、衝撃を受けてました。演出もかっこよかったし、みなさんが一緒に歌ってくださることに感激しました!」と喜びを口にした。この日は、会場で巴山さんが「一か八か」を生で熱唱! 力強い歌声に会場は酔いしれた。

さらに、イベントでは客席から選ばれた3名のお客さんも参加して、キャスト陣とのダブル神経衰弱を実施! ここでも、劇中の鈴井とは異なり、高杉さんが勝負強さを発揮し「鈴井じゃなく、高杉だとこうなんです!」とノリノリ。浜辺さんもドラマさながらの無双ぶりを発揮しかけるなど、会場は大いに盛り上がった。

そして、イベント終了間際には、「重大発表」として実写ドラマ「賭ケグルイ season2」(2019年 春 MBS/TBS ドラマイズム枠にてOA)、そして「映画 賭ケグルイ」(2019年春全国ロードショー)の制作決定という情報が解禁! 浜辺さん、高杉さん、森川さんはもちろん、矢本悠馬(木渡潤)、松田るか(皇伊月)、岡本夏美(西洞院百合子)、柳美稀(生志摩妄)、中村ゆりか(五十嵐清華)、三戸なつめ(黄泉月ルナ)、中川大志(豆生田楓)の続投も明らかになった。

ドラマseason2の物語は原作のストーリーに沿い、season1の続きとして展開。映画版に関しては「後日、発表」とのことで、ドラマと映画版が並行して撮影される予定。英監督は「まもなく撮影です!」と気合十分!

浜辺さんは、実は情報発表前のトーク中に「次は…」とフライングで言いかけてしまった瞬間があり「言いたくて我慢できなかったです(笑)」と釈明し「嬉しいです。撮影がいまから楽しみですし、こうしてみなさんにお会いして、もっと楽しみになりました。まだ私たちも詳しい台本は見れてないのですが楽しみです!」と喜びを口にした。

高杉さんは「同じ役を時間を置いてやることはなかなかないし、こうしてみなさんの前で発表できるのも嬉しいです。応援してくださるみなさんのおかげです」と続編を熱望してくれたファンに感謝。森川さんは「さっき、新しく決まったキャストのことを聞いたんですが…ホントに豪華なので、楽しみにしていただけたら!」とファンの期待を煽り、会場は熱い拍手に包まれた。

スポンサーリンク

[ドラマ「賭ケグルイ」ストーリー]

創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、幕を開ける―!

出演:浜辺美波『センセイ君主』  高杉真宙『虹色デイズ』  森川葵『OVER DRIVE』
監督:英勉『ヒロイン失格』『あさひなぐ』
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)

©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS

[Blu-ray&DVD発売情報]
・Blu-ray BOX(5枚組)  価格:¥13,800(税抜) 好評発売中
・DVD BOX(5枚組) 価格:¥11,800 (税抜) 好評発売中

スポンサーリンク

関連リンク

ドラマ『賭ケグルイ』公式サイト
http://kakegurui.jp/

関連写真

タイトルとURLをコピーしました