森川葵 城田優の体幹トレーニングを一緒に交じって行う

8月29日、LINEマンガオリジナル作品を実写ドラマ化した MBS/TBSドラマイムズ『文学処女』制作発表会が都内で行われ、森川葵、城田優、中尾暢樹、泉里香、河原雅彦、スミス監督が登壇した。

本作は恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子と、恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔の歪な関係から生まれる遅咲きの恋の様子を描いた作品。

LINEマンガで連載中の原作を読んだファンから実写化の要望が多く寄せられ、今回実写ドラマ化されることとなった。

森川葵さんは「私は普段奇抜な役が多いんですけど、今回はすごく純粋でまっすぐな26歳を演じます。恋を経験したことが無い本当に純粋な女の子を演じます。純粋な女の子を演じて、まっすぐな気持ちを自分自身も取り戻しました。ただの純粋なドキドキじゃない、もう一歩踏み込んだ、大人なドキドキを楽しんで演じることができました。」

城田優さんは「この役の中ではなるべく求められるものを一生懸命しぼる感じでなんとかやらせて頂きました。少女マンガあるあるなんですが、主人公の鹿子ちゃんの感情に対するミステリアスな人間味深いところを出して行くのは、本質的な部分を見せるのが難しくて非常に試行錯誤しました。求められている加賀屋朔像をなんとなくは作れたんじゃないかなと思っています。」とコメント。

撮影期間中のエピソードを聞かれると、森川葵さんは「城田さんと泉さんで体幹をやりました。城田さんが結構、今回脱ぐので、糖質制限をしたり、本当に身体にすごく気を使って、鍛えたり、ジムに行ったり、現場でも体幹トレーニングをやっていたので、一緒に交じってやりました。」と語っていた。

MBS/TBSドラマイムズ『文学処女』はMBSでは9月9日(日) 深夜0時50分~、TBSでは9月11日(火) 深夜1時28分から放送開始されるのでチェックしておこう!

関連リンク

TVドラマ「文学処女」公式サイト
https://www.mbs.jp/bungakushojo/

タイトルとURLをコピーしました