仮面女子 神谷えりな、パンツを脱ぐシーンに果敢に挑むも脱いだパンツが行方不明に?

8月14日、ホラー映画「衿まき女~闇のアサシン~」(配給:Answer Inc.)の特別上映イベントが秋葉原のUDXシアターで行われ、本作で主演を務めたアイドルグループ 仮面女子の神谷えりなさんと井川楊枝監督が上映会後のトークイベントに登壇した。

本作は、公立高校を舞台にした凄惨なイジメと惨劇、SNS、メディアレイプ。日常が非日常に変わる恐怖を描いたジャパニーズホラー。

この作品に主演することが決まった時のことについて神谷えりなさんは「映画の主演ということで、自分の中でも女優として力不足の部分しか無いと思ってるので、正直光栄だなと思いました。」と感想をコメント。

台本を読んだ感想として、神谷えりなさんは「ホラーと最初に聞いていたので、どんな感じのホラーなのかなと思っていたら、人が死ぬシーンがいっぱいあって、ハラハラドキドキしたんですけど、私の援交のシーンが結構印象的で、そういう世界をあまり知らなかったので・・・。みなさんはもしかしたら知ってるかもしれないんですけど、そういう意味でいろいろドキドキしました。」と話していた。

パンツを脱ぐシーンにも挑戦しているそうで、神谷えりなさんは「パンツを脱ぐシーンはめっちゃこだわりました。ぶっちゃけ、そこが(映画の撮影で)一番最初だったんです。」と語ると、井川楊枝監督は「あれ脱いだ後にプロデューサーが持って行っちゃったんです。」と爆弾発言。

続けて、井川楊枝監督は「たぶん大事に保管しているんだと思います。」と語り、観客を笑わせていた。

ちなみに、そのプロデューサーは女性とのこと。

このホラー映画「衿まき女~闇のアサシン~」は秋葉原UDXシアターでの上映を皮切りに全国で順次上映される予定だ。

関連リンク

映画『衿まき女 闇のアサシン』公式サイト
https://www.erimakionna.net/

タイトルとURLをコピーしました