知って、肝炎プロジェクト 新スペシャルサポーターに乃木坂46が就任!

スポンサーリンク

7月24日、「知って、肝炎プロジェクトミーティング2018」~The beginning of promoter~が都内で行われ、新スペシャルサポーターに乃木坂46が就任することが発表された。

知って、肝炎プロジェクトは、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎への正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的とし、啓発活動を行っている。

この日は、肝炎対策特別大使とスペシャルサポーター13組、18名が勢ぞろい。

肝炎対策特別大使の伍代夏子さんは「私はC型肝炎を治したという経験が有ります。これからももっともっと、患者として、検査の大切さを頑張って訴えて行こうと思います。」

スペシャルサポーターのコロッケさんは「肝炎のことはいろいろと詳しくなりました。何か皆さんのお役に立ちたいということで参加させていただくことをすごくありがたく思っております。検査をすれば早期発見で早く治療することができる。とにかく自分のことなんですが、周りの方の為に、という気持ちで、自分の芸能活動の中でもお声をかけさせていただいております。」

AKB48グループを代表して向井地美音さんは「最近では大学の学園祭に訪問させて頂いて、啓発活動を行ったり、これまで様々な活動をさせて頂きました。これからもまずはメンバー1人1人が肝炎についての関心や知識を深めて、そしてそれをたくさんの方に知って頂けるように活動を続けて行きたいと思います。」

w-inds.の千葉涼平さんは「普段の活動を通してたくさんの方々に肝炎の存在を知って頂けるように僕らも頑張りたいと思います。」

SOLIDEMOのシュネルさんは「1人でも多くの方に肝炎の検査をしてもらえるように活動をして行くことと、もっと若い世代の方にもっと関心を持って頂けるようにいろんな方に伝えていきたいと思います。」

そして、今回から新スペシャルサポーターとなった乃木坂46を代表して、生田絵梨花さんは「私は肝炎という言葉を聞いたことは有ったのですが、それを放っておくと様々な病気に繋がってしまう危険が有ったり、身近な問題と捉えて、まずは検査に行くことが大切だということがわかりました。サポーターを務めさせて頂くことで、若い世代の方たちや1人でも多くの方たちに肝炎のことを知って頂いて、いろんな必要性を感じてもらえるように私たちも頑張って行きたいなと思います。」と語った。

関連リンク

知って、肝炎プロジェクト
http://www.kanen.org/

タイトルとURLをコピーしました