アニメーション映画『詩季織々』ジャパンプレミアに声優キャスト陣が登場!

スポンサーリンク

7月17日、アニメーション映画『詩季織々』のジャパンプレミアがシネ・リーブル池袋にて行われ、坂泰斗、白石晴香、大塚剛央、リ・ハオリン監督、竹内良貴監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は『君の名は。』 『秒速5センチメートル』で知られるアニメスタジオ コミックス・ウェーブ・フィルムが贈る最新作。

中国の3都市を舞台に失いたくない大切な思いを胸に、大人になった過去と今を繋いだ青春アンソロジー。

シャオミンの声を担当した坂泰斗さんは「今回、日本と中国が手を取り合って、1つのものを作るというとても大きなプロジェクトです。本当に本当に素晴らしい作品に参加できたことをとても光栄に思っております。台本を拝見させて頂いた時に、とてもリアルな本当に極々自然な人物、キャラクターたちと、アニメーションだからこそできる映像だったり、演出だったり、音楽だったり、本当に本当に綺麗な作品になっているなと感じました。」

ルルの声を担当した白石晴香さんは「8月4日公開ということで、本当に温かい作品ですので、世界中のいろんな方に観ていただけると嬉しいです。衣食住の中の衣をテーマにした作品なんですけど、すごく姉妹愛が細かく描かれていて、日常の中でちょっと見方を変えるだけで、こんなにドラマが有って、幸せを見つけることができるんだなと思いました。」

リモの声を担当した大塚剛央さんは「とても素敵な作品になっております。僕にとってメインのキャラクターを初めてやらせて頂くのはリモというキャラクターだったので、台本を頂いた時は緊張と責任感を感じました。台本と一緒にリハーサルのVTRを貰った時には、既に絵が綺麗に細かくできていて、そのまま声をあてるということは、生きているリモたちに命を吹き込まなければいけないという所でも、すごく緊張感を感じながら演じてました。映像からもすごく気持ちが伝わってくるというか、いろいろなものが感じられます。」とそれぞれ語っていた。

アニメーション映画『詩季織々』は8月4日、テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか公開!

スポンサーリンク

関連リンク

『詩季織々』(しきおりおり)公式サイト
https://shikioriori.jp/

タイトルとURLをコピーしました