水曜日のカンパネラ・コムアイ、カメラマン・二階堂ふみはスナイパーみたいな感じ

スポンサーリンク

7月14日、「月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ」(小学館)の発売記念会見がGINZA SIXに有る銀座 蔦屋書店で行われ、アーティストの水曜日のカンパネラ・コムアイさんと、撮影を担当した女優に二階堂ふみさんが取材に応じた。

本作は女優の二階堂ふみさんが“謎”が多い、コムアイさんの瞬間瞬間を捉えた、二階堂ふみさんにしか撮れない写真ばかりが掲載された写真集になっている。

“これが全部、嘘だったらどうする?”そんな思いが詰まっており、どれが嘘か、どれがホントなのか実際に見ないとわからない作品だ。

撮影に至ったきっかけについて、コムアイさんは「プロデューサーに会ったことがきっかけです。これまで写真集を出したいとは全然思ったことが無かったんですけど、ふみちゃんが撮ってくれるのだったらということで話しを進めました。」とコメント。

コムアイさんの魅力について二階堂ふみさんは「(私と)近い感覚を持っている人だなと思っていたんですけど、それと同時にすごく全然違うモノを持っていたり、それが有って引き合うような所がお互い有って、私がすごく好きなコムアイちゃんのイメージは、ものすごくシンプルで潔くて、それでまっすぐで、すごくピュアな女性だという要素が有ったり、コムちゃんのパブリックイメージで有る個性的な感じとか、嘘みたいなものもすごく大好きなんですけど、それと普段私が見てるコムアイちゃんのすっぴんというか、そのままみたいなものを撮れたなと思ってました。」と語る。

一方、カメラマン・二階堂ふみについてコムアイさんは「スナイパーみたいな感じです。反射神経というか運動神経がすごく鋭い気がして、カメラを持って、シャッターを切るのって、シュートって言うけど、撃つ感覚に近い気がして、狩人だなと思います。今まで生きてきた中で、細かい一瞬を逃さないという運動神経をすごく鍛えた人なんだなと思いました。撮られてる間に、感情が前に来た瞬間にガブッと来るみたいな・・・。後はふみちゃんはやっぱり感情を良く表現する人だから、他の写真家の時よりもすごく精密に違う表情が出てくるなと思います。楽しい時と悲しい時の間に5個くらい表情があったとしたら、それが100個になるみたいな・・・。もっと細分化されたいろんな表情が引き出されて、しかもその違いに気づいてくれるからどんどん出てくる感じがしました。」と二階堂ふみさんを絶賛。

すると二階堂ふみさんは「恥ずかしい・・・。でもコムアイちゃん自身も初めて仕事でご一緒した時は、ほとんど台本が無い感じでやっていて、ゴロゴロといろんな表情であったり、気持ちの上がり下がりみたいなものを一緒に表現して下さる人だから、撮影2日間あったんですけど、最初の日はスタジオで結構集中して撮って、その日の夜から次の日の夕方ぐらいまで一緒にいて、その後はホテルでずっと撮っていたんですけど、そんなにいろんな人を今まで撮って来たわけじゃないけど、写真を撮る時は、私自身もそういうところが有るんですけど、構えたり、こういう風に見られたいとか、こういう風な所を逆に見られる所を隠そうとするんですけど、コムアイちゃんはそういうのは無いというか、あえて出す所と、ホテルでの写真はそういうものが一切なく自分の中では撮れたかなと思います。」と明かしていた。

カメラマン・二階堂ふみが撮ったコムアイの写真、どんな表情が写っているのかこの写真集でチェックして欲しい。

写真集概要

『月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ』
撮影:二階堂ふみ
価格:本体2130円+税 発売元:小学館刊
発売日:2018年6月22日頃 96ページ

©小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ ©小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ

©小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ

スポンサーリンク

コムアイプロフィール
1992生まれ。神奈川県出身。2013年に結成したユニット「水曜日のカンパネラ」のボーカル。2014年11月に発売した 『私を鬼ヶ島に連れてって』に収録されている楽曲「桃太郎」がWEBやラジオを中心に話題となる。その後も、ユーモアと中毒性のある音楽やパフォーマンスでファンを魅了し続けている。近年では、「DOLCE&GABBANA」がミラノで発表した2017-18年秋冬コレクションのショーでランウェイモデルとしても歩き、VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017を授賞。6月23日公開の映画『猫は抱くもの』で銀幕デビューを果たす。

スポンサーリンク

二階堂ふみプロフィール
1994 年生まれ、沖縄県出身。2009 年『ガマの油』(役所広司監督)でスクリーンデビュー。 主な映画出演作に『脳男』(13/瀧本智行監督)、『地獄でなぜ悪い』(13/園子温監督)、『四十九日のレシピ』(13/タナダユキ監督)、『ほとりの朔子』 (14/深田晃司監督)、『私の男』(14/熊切和嘉監督)、『この国の空』(15/荒井晴彦監督)、『ふきげんな過去』(16/前田 司郎監督)、『SCOOP!』(16/大根仁監督)、『何者』(16/三浦大輔監督)、)、『リバーズ・エッジ』 (18/行定 勲監督)『いぬやしき』(18/佐藤信介監督)など。現在、大河ドラマ「西郷どん」に出演中。雑誌の連載では、文筆業やカメラマンとしても活動している。

タイトルとURLをコピーしました