TOKIO 城島茂、福島の皆さんの代表として恥ずかしくないように頑張って行けたら

スポンサーリンク

7月11日、CMキャラクターにTOKIOを起用した福島県産農産物の魅力をPRする「ふくしまプライド。」新CM発表会が都内で行われ、TOKIOの城島茂さんと国分太一さんが出席した。

TOKIOが「ふくしまプライド。」のCMキャラクターに就任し7年目となる。

撮影のエピソードとして、城島茂さんは「和気藹々と、農家同士という関係みたいな感じで楽しいお話をしました。」と語ると、福島の野菜の魅力について、国分太一さんは「私も毎年福島の野菜を食べさせて頂いてますけど、年々パワーアップしている、生産者の皆さんの愛情がそのまま野菜の味に出てるんだなというのを感じています。」と、城島茂さんは「福島のCMを見て、(野菜が)美味しそうだなと思って頂いて、手に取って頂ければな、味わって見れば絶対わかると思います。」と語っていた。

「ふくしまプライド。」の言葉にかける思いについて、城島茂さんは「元々、TOKIOは福島の浪江町で番組を通してですけど、村づくりから大自然の豊かさ、大変さ、厳しさ、物づくりのすごさとか、匠の技のすごさ、先人たちの知恵を教わって来ました。震災から7年経ちますけど、その中で安心・安全というメッセージをずっと訴えかけてきました。そこには仕事と言うよりも、自分たちの心の故郷である福島に何かできないか、イコール自分たちに返って来る言葉と思っていました。どう美味しいものを作りあげるかという気持ちで畑を耕したりしてます。食べて頂きたい。本当に美味しいなというそこが自分たちのプライドです。TOKIOでは無く、福島の生産農家の皆さんの言葉を代弁しているだけでは無くて、そういう思いで話してます。これからももっともっと自分たちのやることが、福島の皆さんの代表として恥ずかしくないように頑張って行けたらなと思います。」と福島愛を熱く語っていた。

TOKIOのメンバーが出演する「ふくしまプライド。」のCM『あたらしいポスター』篇、『うまい!福島の野菜』篇、『うまい!福島の桃』は7月14日(土)からオンエア開始。

スポンサーリンク

関連リンク

ふくしまプライド。
http://fukushima-pride.com/

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする