稲葉友、知英との初共演の印象は?

スポンサーリンク

6月18日、映画『私の人生なのに』の完成披露上映会が新宿バルト9で行われ、知英、稲葉友、原桂之介監督が登壇した。

本作はオリンピック候補の新体操スター選手の金城瑞穂(知英)が脊髄梗塞で倒れ半身不随となり、絶望の中で、瑞穂の前に現れた幼馴染の柏原淳之介(稲葉友)と再会した時に、音楽と触れ合い、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら人生が再び動き出していく青春サクセスストーリー。

下半身不随となるも、音楽との出会いを通して人生を変えていく元新体操スター選手・金城瑞穂役の知英は「映画では新体操をしたり、車椅子に初めて乗ったり、しかも主題歌まで担当して、チャレンジの多い作品でした。不安やプレッシャーもあって、でも改めて感じたのは歌って素晴らしいということ。自分が出演している映画の主題歌を歌うのは初めてなので、役に成り切って歌うことができた」と手応え十分。

瑞穂を変えるきっかけとなる幼馴染・柏原淳之介役の稲葉は、ギターの弾き語りシーンもあり「エンドロールで作曲の部分に自分の名前がクレジットされていて、俺もやったと言っていいんだと嬉しくなった。確かにメロディも作った部分もあるので、なんだか新しい感慨があった。しかも2曲!いい曲が書けたと思う」と満面の笑みを浮かべた。

稲葉との初共演の印象を聞かれた知英は「良かったでしょ?」と稲葉に逆質問で、稲葉は「めっちゃ良かった!」とあたふたするも「役のことも相談せず、他愛のない話をしていた。現場では“淳ちゃん”と呼ばれていたので、今日ここにきて敬語で話しかけられて『あれ?』となった」と仲睦まじい様子を見せた。

また映画の内容にちなんで「かけがえのないもの」を聞かれた原監督が「こうやって劇場に足を運んでくださるお客様」と模範解答で先手を打つと、知英は「私から答えればよかった~!」と悔しがり「自分の猫と答えるつもりだったのに…どうしよう。2匹の猫を飼っていて、そのことを答えようと思ったら監督が先に素晴らしいことを…でも癒されています」と照れ笑い。すぐさま「皆さんにも!スイマセン、遅くなりました」と言い直すと、稲葉から「とってつけたな!」と笑いながらの意地悪なツッコミを受けていた。

一方の稲葉は「家族」といい「この映画は家族が大きなテーマになっていて、改めて家族はかけがえのないモノだと思いました。自分は末っ子で2人の兄にも良くしてもらっている。この人たちがいないと生きていけないと思う今日この頃です」と感謝していた。

さらに「今後の夢」を聞かれた知英は「歌手としても女優としても参加できて、体がたまたま柔らかく動くのでこの作品では新体操の役もできた。色々なことに感謝する毎日。そして新しい作品に出合い、新しい自分を見つけていくのが夢です」とさらなる成長を口に。稲葉は「この映画が広がっていくのが夢。一人でも多くの人に観てほしい。そしてこの仕事を続けること。死ぬまでこの仕事をしていたい」と宣言。原監督は「この映画が終わった後に、皆さんが楽しめていることが夢」と上映後の好リアクションに期待を込めた。

最後に知英は「映画を観てもらうのが一番。今までやったことのないことに挑戦して遣り甲斐を感じました。そして家族や大切な友達や周りの人の愛を改めて感じました。皆さんもそれぞれに感じることもあるかと思いますが、いい映画だと思ってもらえるのが一番。主題歌にも勇気をもらってほしい」と作品を代表してPRした。

7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

©2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ

関連リンク

映画『私の人生なのに』公式サイト
http://watashinojinsei.com/

タイトルとURLをコピーしました