尾形春水、モーニング娘。として過ごした日々は一生忘れることの無い宝物!

6月20日、モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春 ~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャルが日本武道館にて行われた。

まるで尾形春水さんの卒業を悲しむように梅雨の雨の中、平日にも関わらず約1万人のファンが日本武道館に集結。

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアーのファイナルということで、「A gonna」からコンサートがスタート。

「愛の軍団」を披露すると、挨拶の後にはハロー!プロジェクトのリーダー和田彩花さんがサプライズで登場し、尾形春水さんにエールを送った。

続けて「モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)」やユニットでのメドレーと名曲が続く。

さらに、今のモーニング娘。の楽曲で一番盛り上がる人気曲「One・Two・Three(updated)」「泡沫サタデーナイト!」「わがまま 気のまま 愛のジョーク」「みかん」「What is LOVE?」と披露するとファンはヒートアップ。

後半は「TIKI BUN」「ジェラシー ジェラシー」を披露して本編が終了。

アンコールへと続く時には、尾形春水さんのメンバーカラーであるシーブルーで会場内が満たされ、「はーちん」コールの中、尾形春水さんがドレス姿で登場した。

尾形春水さんは会場に集まったファンの前で、お手紙を読むことに・・・。

スポンサーリンク

私、尾形春水は本日6月20日を以てモーニング娘。'18 及びハロー!プロジェクトを卒業します。

人に気持ちを伝えるのが下手くそな私ですが、自分なりに3年9ヶ月の感謝を伝える為、お手紙を書きました。聴いて下さい。

15歳の時、モーニング娘。に加入して、右も左もわからなかった私に時に厳しく、時に優しく、愛を持って接してくれたメンバー、スタッフさん、常に1番の理解者で味方でいてくれた家族、昔から変わらない、素の私を忘れないでいてくれた友達、そして何より活動していて大変なこと、つらいこともありましたが、今日まで前向きに頑張ってこれたのは、どんな時も、どんな私でも受け入れて、応援してくださる温かいファンの皆さんがいたからです。

なので、モーニング娘。として過ごした日々は、一生忘れることの無い宝物です。ありがとうございました。

モーニング娘。の活動から学んだことはたくさんあります。

歌、ダンスはえらそうに言えないけど、礼儀や人間関係などもこの活動を通していろんな学びがありました。

自分なりに精いっぱい向き合って、ここで得たことは、今後の人生にも生かして行きたいです。

卒業発表をしてから、ファンの皆さんは“私に幸せになってね”とそう言ってくれました。

だけど、私はもう、今この瞬間がとっても幸せです!

明日からは別の道へ進む私ですが、この選択が間違いで無かったと自信を持って思えるように、学生生活を通してさらに多くのことを学び、新たな夢を見つけ頑張ります。

このコンサートが終わると私はもう皆さんに会うことが無いかもしれませんが、最後に、ここにいる全ての皆さんのこれからがたくさんの幸福で満ちた日々でありますように! 心から願っています。

2018年6月20日、モーニング娘。'18 12期 尾形春水

スポンサーリンク

お手紙を読んだ尾形春水さんは、ソロ曲の「涙が止まらない放課後」を歌った。

尾形春水さんは明るい幸せな曲で終わりたいという思いからこの楽曲を選曲したそうだ。

歌い終えると、ファンから温かい拍手と、「はーちん」コールが会場内に響き渡りました。

メンバーから尾形春水さんへの挨拶では、譜久村聖さんは「本当に、はーちん卒業しちゃうんだね。ホールラストのコンサートではーちんが卒業しちゃうんだと思って・・・。聖は思った以上にはーちんのことが好きだったから・・・。すごく寂しいなと思うこともあるんだけど、新しい夢を決心してからのはーちんはすごく可愛い笑顔だったし、歌もダンスもすごく頑張ってた。頑張り屋さんのはーちんだから、これからも頑張り過ぎちゃうことも有るかと思うんだけど、頑張り過ぎずに自分の進みたい道を一生懸命歩いてくれたらいいなという風に思います。私もはーちんのこと見守っているので、はーちんもモーニング娘。のこと見守っていて下さい。」とエールを送った。

尾形春水さんは今後は芸能活動は引退し、大学生として学業に専念する。

新たな夢へと向かっていく尾形春水さん。ファンからも大声援が送られ日本武道館でのコンサートでアイドルとしての活動にピリオドを打った。

関連リンク

モーニング娘。'18 ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
http://www.helloproject.com/morningmusume/

タイトルとURLをコピーしました