映画『世界でいちばん長い写真』完成披露上映会で高杉真宙が“早く皆さんに青春を届けたい”

スポンサーリンク

6月4日、映画『世界でいちばん長い写真』のに完成披露上映会がイオンシネマシアタス調布にて行われ、高杉真宙、武田梨奈、松本穂香、水野勝、草野翔吾監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は愛知県の学校で実際にあった出来事を基に、今まで何に対しても消極的で人生の目的を持てずにいた少年・宏伸がギネス記録を持つパノラマ写真を撮影できるカメラと出会い、モノクロだった人生が鮮やかな色に変わってゆく誰もが胸に描く青春の1シーンを切り取ったような群像劇。

高杉真宙さんは「本当に観て頂いた方全員が好きになってくれる映画だと思っていて、暑い夏を過ごした日々が公開されるんだなぁと思うと、早いなぁと思うのと同時にやっと来たかというのがあって、早く皆さんに青春を届けたいなと思っております。」とコメント。

草野翔吾監督は「タイトルの通り、物理的に長い写真を撮るお話で、それがどういう形で撮られて、どういう写真になるのかというところも含めて楽しんで頂けたらな、期待して頂けたらなと思っております。」と話していた。

それぞれの役柄について高杉真宙さんは「内藤宏伸の役で、内気で言いたいことが言えずに、意見が言えなくて、写真部の三好(三好奈々恵役:松本穂香)に怒られたり、何でもできるあっちゃん(竹中温子役:武田梨奈)との間に挟まれたりして、未来では自分は何がしたいんだろうと思ったり、そういうことに悩みつつ、紋々としながら生きてる少年の役で、カメラに出会って、少しずつ成長していく役です。」
武田梨奈さんは「私は真宙君演じる内藤宏伸の従姉のお姉ちゃんの役で、ちょっと気弱で控えめな宏伸のお尻をいつも叩いてるみたいな役どころです。結構パンクな女性です。」

松本穂香さんは「三好は真宙君演じる宏伸が入部してる写真部の部長なんですけど、宏伸とは正反対な性格で、本当に思ったことをはっきり言ってしまうし、すごくとにかくまっすぐな子で、まっすぐ過ぎるが故にすごく不器用で、特別な気持ちを持っているんですけど、なかなか上手く表せない、すごく不器用だけど、そんな所が可愛らしいなと私は思ってます。」

水野勝さんは「物語を俯瞰で捉えるような温子と非常に仲の良い小出智也という役です。普段名古屋で使ってる言葉を使いながら、今回智也という役を演じました。普段使っている言葉を使いながら今回智也という役を演じたので、普段自分が使ってる言葉を通して役を演じているのはすごく自然な気持ちになりましたし、シンクロ率の高い役だったなと思いました。」

草野翔吾監督は「本当に去年の夏休みを全部閉じ込めようと思って、青春映画なんですけど、作り物という感じがしないというか、去年の夏、知多半島にいた人たちを撮ったような感覚です。ちょっと強い女性と、弱弱しい男の子と、他にもいっぱい魅力的な人がいるから映画の中で自分に近い人を見つけてくれたら嬉しいなと思います。」と見どころを語っていた。

また、高杉真宙さんは「本当に綺麗で、目に浮かぶような光景がたくさんあって、その青春を自分は踏みしめたいなと思いました。これがどういう風に絵になって、映画として、自分は役として生きて行けるかなと、本当に綺麗だなと最初は思いました。」と語っていた。

映画『世界でいちばん長い写真』は6月23日(土)よりシネ・リーブル池袋・イオンシネマにて全国順次ロードショー!

関連リンク

映画「世界でいちばん長い写真」公式サイト
http://sekachou.com/

タイトルとURLをコピーしました