ラストのラインダンスは必見! 天音みほ・八坂沙織ら出演の舞台「ダンスラインTOKYO」が上演中!

スポンサーリンク

5月10日、アリスインプロジェクト×夢麻呂 舞台「ダンスラインTOKYO」の風組のゲネプロ公演が行われ、本番前にキャスト陣が意気込みを語った。

本作は女子高生双子姉妹と幽霊になった祖母の「心残り」を叶える為、学校中からラインダンス復活に協力してくれる仲間を集め、自分たちのラインダンス実現にむけて様々な困難を乗り越え突き進む青春群像劇。

主人公の姉妹、北野美環役を天音みほさん、北野凛胡役を八坂沙織さんが演じる。

天音みほさんは「光組と風組で雰囲気が全く変わります。生徒会とか全然雰囲気が違うので、光組らしさ・風組らしさのダンスラインTOKYOを楽しんで貰えたらいいなと思います。」

八坂沙織さんは「最後のラインダンスでお客さまからもエールを貰えるようなお芝居を繋いで行けたらなと思います。」

橘はるかさんは「この作品は青春がとても詰まっていて、一緒の空間にいるだけですごく楽しめると思うし、観てる方も自分の青春時代を思い出したり、とても心に響く作品になっていると思います。明日から頑張ろうと思ってもらえるような元気を届けられたらなと思います。」

針谷早織さんは「光組の初日ではラインダンスを踊り終えた時に拍手の数がすごくて感極まって涙ぐんでる子もいました。ラインダンスはここまで完成させるのはすごく大変だったので、物語を繋げて行って、最後の全員が踊るラインダンスに繋がってるというのをみんなに届けられたらいいなと思います。」

池澤汐音さんは「毎日の稽古も学校に通うような感覚で楽しくみんなで仲良くやってきました。千秋楽までみんなで精一杯頑張ります。」とそれぞれコメント。

キャストたちが力を合わせて織りなすラインダンスは必見です。

そして、八坂沙織さんのJK姿が観られるのは5月13日(日)まで。

舞台「ダンスラインTOKYO」は5月13日(日)まで、品川・六行会ホールにて上演!

スポンサーリンク

関連リンク

ダンスラインTOKYO 公式サイト
http://aliceintheater.info/

日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップのSNSをフォローする