安倍なつみ、ベストマザー賞授賞式で第2子妊娠を報告!

スポンサーリンク

5月10日、母の日を前に「第11回ベストマザー賞2018」の授賞式が都内で行われ、安倍なつみ(音楽部門)、大島美幸(芸能部門)、杉山愛(スポーツ部門)、和田明日香(文化部門)、経沢香保子(経済部門)が受賞した。

音楽部門で受賞した安倍なつみさんは「このような素敵な賞を頂ける日が来るなんて、本当に思っていなかったので大変驚きました。子育てをする日々の中で喜びも有りますが、大変だなぁとか、思うように行かないなと思うこともたくさんあって、それでもその中で多くのことを学ばせてもらっているなと思ったりもします。子どもは本当に可愛くて、成長も嬉しくて希望です。この先、息子にとってベストなマザーであり続けられるようにこの先も日々頑張って行けたらなと思います。お仕事をしながら家庭を支えながら育児を頑張ってる多くのママの皆さんの活動を心から応援したいと思っております。」とコメント。

授賞式後の囲み取材で、改めて安倍なつみさんは「今は育児中心で、その中で出来る限りのお仕事をしてる感じで、普段はお母さんなので、すごく光栄な賞です。」と喜びのコメント。

子育てで大変なこととして「1日の流れの中で、これとこれとあれをやろうと思っていても思い通りに行かなかったり、食事の時もポイポイとされてしまったり、日々いろんなことが有りすぎて鍛えられます。男の子なのですごく活発で、いろんな所に行きたがるし、やりたがるし、真似したがるし、公園に連れて行くとちょっと目を離した隙にどこかによじ登っていたり、ジャンプしようとしていたり、冷や冷やして心臓が出そうになる瞬間なんて本当にたくさん有ります。」と奮闘している様子。

2人目の予定は?と聞かれると「実は・・・、気づかれた方も多いかなと思うんですけど、今、お腹に2人目がいまして、今日このタイミングで、たまたまなんですけど、実は第2子を授かりまして、お腹の中にいます。今安定期に入り、(出産の予定は)今年の秋ぐらいになります。」と照れながら明かしていた。

関連リンク

日本マザーズ協会 公式サイト
http://www.best-mother.jp/

タイトルとURLをコピーしました