リリー・フランキーが『万引き家族』のPR中に追剥ぎ家族される

スポンサーリンク

4月25日、映画『万引き家族』の完成披露試写会がTOHOシネマズ日比谷にて行われ、舞台挨拶にリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、城桧吏、佐々木みゆ、是枝裕和監督が登壇した。

本作は下町で質素に暮らす犯罪でしか繋がれなかった家族の許されない絆を描いた是枝裕和監督の渾身の作品。

5月8日から開催される第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門への正式出品も決定し、是枝裕和監督は「とても素晴らしい流れになっていると思うんですけど、バタバタと飛行機どうするんだみたいな・・・。まだ喜び合うまで行かないくらい忙しく困ってます。」とコメントすると、リリー・フランキーさんは「(自身の)情けないぶりを世界の人に観ていただこうと思います。」と語ると、安藤サクラさんは「(子役の佐々木みゆさんは)虫のように動き回っていたのに、こんなにしっかり舞台挨拶もして、カンヌも行くのかな? それを思うとすごいですよね?」と、母親目線で佐々木みゆさんのしっかりぶりを褒めていた。

また、リリー・フランキーさんは本作のPR取材でのエピソードを語り、「映画は『万引き家族』ですけど、樹木さんが“あんたの着てる服頂戴と言われて、追剥ぎ家族をされた服が、今、樹木さんが(舞台挨拶で)着てる服です。」と明かされると、樹木さんは「あんまり高そうでも無いし、舞台挨拶に行くのに何か無いかなと思ったら、ちょうどいいやと思って・・・。前に上げたものが有るのでちょうどいいんですよ。」と明かされ、単に物々交換となっていたことをユーモア溢れるトークで話していた。

安藤サクラさんは「是枝組に参加出来て良かったなと思います。この作品が無かったらどうしてたかなという感じです。この作品で勇気を貰いました。」とコメント。

松岡茉優さんは「宣伝活動に関しては唯一自信を持ってます。宣伝を一生懸命やります。」と元気に語ると、「中高生の頃からいつか是枝組に参加したいと思っていたんですけど、自分の想像よりも早く入れて貰えることが出来て、でもやっぱりちょっと早かったなと思ってます。是枝組は素敵だよと聞いていたけど、私が息する場所はここだったんだというぐらいにすごく息がしやすくて風通しが良くて、寒かったんですけど、寒さも吹っ飛ぶくらいに本当に温かくて風通しのいい場所でした。」と語っていた。

子役の城桧吏さんは「最初は緊張したんですけど、是枝監督が演技指導をわかりやすく丁寧にやってくれたから緊張も無くなりました。」、同じく子役の佐々木みゆさんは「緊張しました。お芝居は楽しかったです。」と大勢の大人の人の前で緊張しながら話していた。

最後に是枝監督は「今回各世代で僕が一番撮りたいと思う上手い役者を集めて映画を作りました。まだ出来上がって間が無いんですが、撮影の現場でカメラの脇で、お芝居を見ながらすごく役者と役柄とか、役者通しのアンサンブル、作品のテーマといろんなものが稀有なタイミングで出会った映画だなと思ってました。その現場に立ち会えていることに自分がとても幸せだなと思える作品でした。お話自体はかなりシリアスな話しですが、濃密な時間をこの役者さんと一緒に作れたことがたぶん作品の中には称えられてる、みなぎってると思いますので、是非楽しんでください。」と語っていた。

映画『万引き家族』は6月8日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!

©2018『万引き家族』 製作委員会

関連リンク

映画『万引き家族』公式サイト
http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku

タイトルとURLをコピーしました