ミスヤングチャンピオン2018候補生がオーディションの意気込みを語る

アイドル グラビア トピックス ニュース

4月10日、『2018 第9回ミスヤングチャンピオン』の候補生・お披露目会見が都内で行われ、候補生が意気込みを語った。

佐藤望美さんは「今回、ミスヤングチャンピオン2018に出場させて頂くので、出させていただくにはグランプリ目指して頑張りたいと思います。」

相良朱音さんは「合法ロリ界のパーフェクトボディです。ミスヤンチャンになって初めての称号を頂きたいと思います。」

佐久間愛菜さんは「Hカップという胸がせっかくあるので、この胸を活かしてグラビア界で活動していきたいと思います。」

扇谷遥歌さんは「今回、初めての大きなオーディションで、初めてのグラビアでもあって緊張するんですけど、精いっぱい頑張ります。」

朝倉みるきさんは「今回初めてグラビア活動をさせて頂くことになりました。今回の企画を通してグラビアの良さとかを伝えて行けたらいいなと思います。」

合田柚奈さんは「ヤングチャンピオンになりましたならば、“こんな奴いるなぁ”みたいな感じでちょっとクスッと笑って頂けるような親近感のあるアイドルになって行きたいなと思います。」

織田唯愛さんは「写真では金髪で写ってます。唯愛(いちか)という字が難しい字なんですけど、一度見たら忘れられない名前になっていると思います。ヤングチャンピオンさんで表紙を撮りたいなと思ってます。」

浅見奈那さんは「声が特徴的と良く言われて、ローラさんの喋り方に似てると良く言われます。ウエスト50cm目指してます。二十歳になる前に雑誌の表紙を飾るのが夢です。」

松尾美空さんは「オーディションに応募した理由は、父に“お前には胸しか無いからグラビアで頑張ってみろ”と言われたのがきっかけです。もしグランプリ取れたら、よく食べるアイドルになりたいと思っています。」

松原怜香さんは「私は好奇心旺盛で何事にも挑戦心があって、今回のミスヤングチャンピオンを受けたのも、初めてのグラビアだったり、初めてSHOWROOMをやるんですけど、全部自分の糧になる挑戦だと思っています。もしグランプリを取れたら、皆さんの癒しだったり、皆さんに元気を与えられるそんなグラビアアイドルになりたいです。」

太田和さくらさんは「1位しか取るつもりは無いので、1位になってヤングチャンピオンさんでVサインが出来るように頑張りたいと思います。」

陽菜菜々羽さんは「特技は喋ることだったり、モノマネも得意なんですけど、基本的にトークでみんなを楽しませることが得意です。このチャンスをみんなと一緒に掴んで行きたいなと思うので、精いっぱい頑張りたいと思います。私のお尻でみなさんを幸せにしたいと思います。」

道端瑠々花さんは「撮影は全然慣れていないんですけど、成長したい、変わりたいという思いと、グラビアアイドルになりたいという夢を叶えたくて応募させて頂きました。特技は水泳と大食いなので、私がもしミスヤングチャンピオンになったら、たくさん食べる笑顔の素敵なグラビアアイドルになりたいです。」

岡英里さんは「個人的にはもっともっとグラビアの活動を増やしていきたいなと思ってます。ミスヤングチャンピオンになって、表紙を飾ったりして、もっともっと岡英里を全国の人に広めて、全国のみんなに“ただいま”って言って貰って、“おかえり”って言いたいと思ってます。絶対グランプリ取りたいと思います。」

文月詩織さんは「ミスヤングチャンピオンを取って華々しくグラビアデビューを飾りたいです。ミスヤングチャンピオンになりましたら、大胆な一面を見せて行きたいと思います。」

佐々木心優さんは「グラビア活動、DVDの撮影、撮影会とやらせて頂いているんですけど、他にもたくさんいろいろグラビアの活動をして行きたいので、今回ミスヤングチャンピオンを取って頑張りたいです。」

赤坂あすかさんは「グラビアのオーディションは今回が初めてなんですけど、もしミスヤングチャンピオンになれたら、私、コスプレが好きなので、今までとちょっと違ったコスプレ要素を取り入れたグラビアアイドルになっていきたいと思います。」

舞波ゆうりさんは「好きなものは、お祭りと弱虫ペダルです。舞波ゆうりの舞波(まなみ)は弱虫ペダルのキャラクターの推しキャラの真波からもらいました。その好きな弱虫ペダルが載ってるチャンピオンさんと同じ出版社のヤングチャンピオンさんに私も載りたいと思いました。体調を崩す勢いで頑張りたいと思います。」

福本愛莉さんは「私は普段香川県で、きみともキャンディというご当地アイドルと、看護師として働いてます。今の活動に満足するのではなく、新しくいろんなことにチャレンジしたいと思い、今回ミスヤングチャンピオンさんのオーディションに出させて頂きました。ミスヤングチャンピオンになれるように頑張って行きます。」

吉野志保さんは「私は今年1年間、挑戦していく年という風に決めていて、挑戦ということで今回ミスヤングチャンピオンのオーディションに参加させて頂いております。武田あやなさんのようなモグラ女子を目指して頑張りたいと思います。」

阿南萌花さんは「女優として活動させて頂いております。グラビアはほとんど初心者なので、わからないこともいっぱいあると思うんですけど、いろんな人に私を知ってもらって、いろんな人に幸せと笑顔を届けて行きたいと思いますのでよろしくお願いします。」

前野まなさんは「おこがましいですが、AKB48の柏木由紀さんによく似てると言われます。昔、野球をやっていたので、特技がヘッドスライディングとバッティングです。負ければ負けるほど強くなる女です。」

伊藤杏夏さんは「私は普段声のお仕事をしています。普段は声のお仕事ばかりでグラビアは初挑戦なんですけど、自分の殻を破って頑張って行きたいと思います。」

桜りんさんは「昨年はミスアクションで準グランプリを取ったのですが、(グランプリになれず)悔しい思いをしたので、ミスヤングチャンピオンさんでリベンジします。全力でグランプリを目指して行きます。」と、それぞれ意気込みを語っていた。

『2018 第9回ミスヤングチャンピオン』は4月22日(日)まで予選が行われ、予選通過者による決勝が5月22日(火)から7月1日(日)まで行われ。7月24日(火)発売号のミスヤングチャンピオンでグランプリが発表される。

関連リンク

ミスヤングチャンピオン グランプリオーディション
https://www.miss-yc.net/myc

タイトルとURLをコピーしました