舘ひろし 「連続ドラマW 60 誤判対策室」でベテラン刑事役を演じ“今までに無い自分に出会った気がしております”

スポンサーリンク

4月23日、WOWOW「連続ドラマW 60 誤判対策室」完成披露試写会が神楽座にて行われ、舘ひろし、古川雄輝、星野真里、熊切和嘉監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は死刑執行まであと60分と限られた時間の中、国策で創設された冤罪調査組織「誤判対策室」を舞台に、冤罪を立証していくタイムリミットサスペンス。

冤罪の疑いが浮上した死刑囚に迫る刑の執行を阻止する為、刑事、弁護士、検察官のそれぞれの戦いを描いた作品。

ベテラン刑事・有馬英治役を演じる舘ひろしさんは「今までに無い刑事役をやらせて頂きました。今までに無い自分に出会った気がしております。熊切監督に大変感謝をしております。本当に面白くなっております。」

弁護士・世良章一役を演じる古川雄輝さんは「1話を見させて頂いて、本当に面白い作品で引き込まれます。皆さん間違いなくWOWOWに加入することになると思います。」

検察官・春名美鈴役を演じる星野真里さんは「女性なら誰しも、素敵な男性お二人と共に贅沢な時間を過ごさせて頂きました。本当に素敵な作品になっています。」

熊切和嘉監督は「自分とはしては5時間の映画を撮るつもりで気合を入れて撮りました。楽しんで頂ければ幸いです。」とそれぞれ挨拶。

初めて台本を読んだ時の感想として、舘ひろしさんは「脚本を読んだら物語がどんどん展開していき、最後のシーケンスも素晴らしくて引き込まれました。」

古川雄輝さんは「脚本の1ページを開いた時に舘ひろしさんの名前があることに衝撃というか、舘ひろしさんと俺共演するんだと思って、そこから舘さんの名前も出て、星野さんの名前も出て、僕が一番若いというか、先輩の役者さんばかりの現場になるんだなという、まず緊張感から入り、ストーリーを読んでもどんどんストーリーに引き込まれていって、こういう作品は見るのも大好きですし、自分もこういった作品に出合いたいなと思っていたので、キャストの皆さんとご一緒出来る緊張感と同時に自分がこういう作品に出れるというワクワク感が有りましたね。」

星野真里さんは「先に原作を読ませて頂いて、本当に骨太な大作で、原作の石川智健先生は調べてみたら、私より年下かよと思いまして、もうそういう世代になってしまったんだなという衝撃と、面白い原作を実写化にあたってさらにブラッシュアップされた台本で、この世界に入ることが出来るんだと、すごくすごく楽しみになりました。」とコメント。

また、舘ひろしさんは「この作品を撮るにあたり熊切監督から無精ひげを生やしてくれと言われ、最初のシーンは寝ぐせが付いてるようなシーンで、酔っぱらって、二日酔いで自分の部署に行くシーンが有るんですけど、これでもかというぐらいに“もっともっとよれろよれろ”と言われ・・・。でも楽しかったです。よれてる自分が好きでした。」と語ると、熊切和嘉監督は「よれても色気が出る方だなと思ったので、その辺は上手く行ったと思います。」と話していた。

古川雄輝さんは「弁護士の役ということで、普段日常会話で使わないであろうという言葉がすごく出てくるんですけど、弁護士なのでそう言った言葉をスラスラ言えるようにならなきゃいけないということで、セリフと向き合う時間は専門用語に慣れる為に長かったなという印象が有ります。なかなか普段言わない言葉が多いので難しかったです。」と、初めての弁護士役に苦戦していた様子。

星野真里さんは舘ひろしさんと共演出来て「舘さんは、人が惹かれてしまうってこういうことなんだと日々感じていて、真似できないことなので、今回ご一緒出来るという時間を思い切り楽しまないといけないなと思いながらご一緒させて頂きました。緊張がほぐれて本来自分がやりたかったことが表現できました。」と明かしていた。

最後に舘ひろしさんは「とにかく本当に面白いです。今までに無い作品です。1話を見たら必ず2話・3話・・・最後まで見たくなる作品です。是非楽しんでください。」とアピールしていた。

「連続ドラマW 60 誤判対策室」(全5話)は、5月6日(日) 夜10:00第1話無料放送[WOWOWプライム]!



関連リンク

連続ドラマW 60 誤判対策室 WOWOW公式サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/60/

タイトルとURLをコピーしました