映画『ママレード・ボーイ』のキャスト 桜井日奈子・吉沢 亮・佐藤大樹の3人が登場し現役女子大生から黄色い歓声の嵐!

スポンサーリンク

4月20日、映画『ママレード・ボーイ』の公開直前!女子大イベントが実践女子大学 渋谷キャンパスにて行われた。

本作は吉住渉により、1992年~1995年にかけて月刊少女マンガ雑誌「りぼん」(集英社刊)で連載され、1994年~1995年アニメ化、2001年台湾でのTVドラマ化を経て、現在も続編の『ママレード・ボーイ little』が月刊女性マンガ雑誌「ココハナ」(集英社刊)にて連載されており、まさに世代を超えて国内外で愛されている<大ヒット少女マンガ>を実写映画化した作品。

W主演で、光希と遊を演じるのは桜井日奈子と吉沢亮。

明るく真っすぐな光希を演じるのは“岡山の奇跡”として一躍注目を集め、現在はドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。頭脳明晰・スポーツ万能・王子様を絵に描いたような遊を演じるのは、映画『銀魂』を始め、話題作への出演が続く吉沢 亮。今もっとも勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演!

また、中山美穂、檀 れい、谷原章介、筒井道隆という超豪華キャストが両親役を務め、ついに初共演を果たすことでも話題沸騰中の本作。6人家族が揃ったファミリーショットが公開されるとSNS上では関連ワードが軒並みトレンド入りするなど様々な世代から反響を集め「両親S(りょうしんズ)が豪華すぎてびっくり」「美男美女揃い!」「絶対に観たい」といった期待の声が上がっています!さらに光希を一途に想い続ける幼馴染・銀太に佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、光希の親友・茗子に優希美青というフレッシュなキャストの出演が話題を呼び、ゴールデンウィーク必見の恋愛映画として話題となっています!

この度、4月20日【女子大の日】(1901年4月20日に日本初の女子大学が開校したことに由来)に、桜井日奈子・吉沢 亮・佐藤大樹の三人が、実践女子大学で行われるイベントにサプライズ登場した。

約400人の女子学生が教室に集まり、黄色い大歓声の中、桜井日奈子、吉沢 亮、佐藤大樹の3人が登場。

桜井日奈子さんは「こんなにもわーって言うのは初めてなので、緊張してます。実はCMでこの大学の食堂を使わせて頂いたので、お久しぶりですという感じです。」

吉沢 亮さんは「序盤からこの盛り上がりは最高です! 皆さん今日は最後まで盛り上がっていきましょう!」

佐藤大樹さんは「実践女子大学の皆さん盛り上がってますか! ママレード! (女子大生が“ボーイ!”と叫び)、今日はよろしくお願いします!」とそれぞれ大歓声の中挨拶。

映画の公開直前の今の気持ちを聞かれると、桜井日奈子さんは「大人気少女マンガの実写映画化は撮影の時はあまり意識しなかったんですけど、公開が近づくにつれてだんだんそのプレッシャーを感じてきております。とにかくキュンキュンする作品なので、是非是非(劇場に)観に来て下さい。」

吉沢 亮さんは「本当(公開まで)ドキドキですね。すごく伝説的な大人気コミックの映画化ということで、(女子大生の)皆さんの世代ではドンピシャな作品なんじゃないかなと思います。めちゃめちゃキュンキュンして頂ける作品なので、是非劇場に足を運んで頂ければ嬉しいです。」

佐藤大樹さんは「もう絶対、皆さんキュンキュンときめくし、青春が詰まった映画になってます。是非、ご家族・友人といろんな人と観に行ってくれたら嬉しいので、是非観てください。」とアピール。

最後に桜井日奈子さんは「映画『ママレード・ボーイ』は4月27日に公開します。最高にカッコいい吉沢さんと佐藤さん、この2人が存分にキラキラ輝いてキュンキュンさせてくれます。是非(劇場に)トキメキに来てください!」と語っていた。

映画『ママレード・ボーイ』は4月27日(金)全国ロードショー!

ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

関連リンク

映画『ママレード・ボーイ』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/marmaladeboy/

タイトルとURLをコピーしました