『風街ガーデンであひませう2017』いよいよ開幕!初日で既にファイナル並みの感涙!

スポンサーリンク

10月6日(金)から8日(日)まで3日間に渡って開催される「風街ガーデンであひませう 2017」の初日が大盛況のうちに終わった。

これは作詞家・松本 隆のデビュー47周年を記念して恵比寿ガーデンホールが3日限りの“風街”と化したプレミアムイベントで、当イベントのためだけに限定オープンさせた「風街BAR」では、サッポロビールの完璧な生ビ―ルを目指した「パーフェクト黒ラベル」なども用意されている。また砂原良徳による松本作品オンリーのDJパフォーマンス、更にステージでは松本作品を心より慕うアーティスト達が一夜限りのパフォーマンスを展開。大人の上質なこの場所には、初日にも関わらず多くの松本 隆ファンで埋め尽くされた。

この日は、上白石萌音、さかいゆう、冨田ラボ・冨田恵一、中島 愛、秦 基博、吉澤嘉代子といった実力派の6名と、風街レジェンドゲストとして南 佳孝が登場。鈴木正人が音楽監督を務める「風街ガーデンばんど」とともに格別の秋夜を彩った。

冒頭から吉澤嘉代子の「さらばシベリア鉄道」、中島 愛の「瞳はダイアモンド」など名曲を次々と蘇らせ、松本作品の世界観を充満させていく。

続く上白石萌音も「Woman“Wの悲劇”より」を持ち前の表現力で魅了した。

さかいゆう・秦 基博・冨田恵一による「タイム・トラベル」では、原田真二によるピアノ感覚まで、時代の枠から抜けた見事な仕上がりに、ギャラリーも驚きを隠せない様子であった。

ラストには松本作品における“ダンディズム”の象徴、南 佳孝が登場。「スタンダード・ナンバー」など代名詞ともいえる名曲を次々に披露した。ラストはもちろん「スローなブギにしてくれ(I want you)」。初日を華麗なるフィナーレで締めくくった。

関連リンク

<公式サイト>
http://kazemachi-garden.com

タイトルとURLをコピーしました