綾瀬はるか 「しっぽ」に詰まった「しあわせ」の正体に驚き!

ピックアップ 女優

女優の綾瀬はるかさんが出演する定番ロングセラーのアイス「ジャイアントコーン」の新TV-CM「しっぽのおどろき」篇が3月13日(金)からオンエア開始される。


綾瀬はるかさんを「ジャイアントコーン」のイメージキャラクターに起用して、今年で 14 年目。「ジャイアントコーン」に頭からかぶりつき、おいしそうな表情を披露し続けてきた綾瀬さんですが、新しくなった「ジャイアントコーン」には、そんな彼女をも驚かせる“ある秘密”がありました。

その秘密が隠されているのは、「ジャイアントコーン」を食べ進めていくと最後に出会うコーンの「しっぽ」です。パッケージを開けると、まずは、「あたま」の部分のパリッとしたチョコ、ザクザク食感のナッツとなめらか食感のアイスの「至福のひとくち目」。続いて、サクサクのコーン部分。

それからこの春の商品リニューアルで「しっぽ」の部分にチョコが増量され、「しあわせのチョコだまり」ができたことで、最初から最後までしあわせでおいしい感覚が楽しめるのです。

新 TV-CM「しっぽのおどろき」篇では、そんな「しあわせのチョコだまり」に出会った時の驚きや喜びをストレートに訴求するため、綾瀬さんが「ジャイアントコーン」を「あたま」から「しっぽ」までおいしそうに食べ、さらに歌を交えながらその秘密をリズミカルに解説します。

注目のポイントは、驚きを隠せずやや興奮気味に“しあわせのチョコだまり”についてレポートする綾瀬さんの姿と、隣に並ぶ自身の背丈ほどの高さがある巨大な「ジャイアントコーン」と親友のように触れ合う無邪気な笑顔です。

さらに、この 14 年間の歴史を振り返る、冒頭の「ジャイアントコーン」かぶりつきダイジェスト映像にもご注目ください。

■CM ストーリー

「しっぽのおどろき」篇(15 秒)

イメージキャラクター歴 14 年目を迎える綾瀬さん。これまでのかぶりつきダイジェスト映像から始まり、新しい「ジャイアントコーン」を食べて驚きの発見があったことを冒頭で告白します。

真っ赤なワンピース姿で巨大な「ジャイアントコーン」の隣に並び、手に持った「ジャイアントコーン」のチョコとナッツがトッピングされた「あたま」、続いてアイス、そしてコーンと食べ進めながら、ググッと姿勢を低くして、いよいよ秘密が隠されている「しっぽ」に到達します。

その秘密が、チョコ増量によって生まれた「しあわせのチョコだまり」であることをリズミカルな歌で解説した綾瀬さんは、「しっぽ」をパクリと口に入れ、サクッとした歯応えとチョコの存在感を感じながら、最初から最後までしあわせで大満足な表情を披露します。

ラストシーンは巨大な「ジャイアントコーン」とのツーショット。さすが 14 年目の仲良しコンビ、フレンドリーなスキンシップを楽しみつつ「新!ジャイアントコーン」の歌で締めくくります。

■撮影エピソード

◇14 年の歴史をかみしめながら笑顔いっぱいで撮影をスタート!

真っ赤なワンピース姿でスタジオ入りした綾瀬さんは、自身の背丈ほどの高さがある巨大な「ジャイアントコーン」が待ち構えるセットに入ると、隣でポーズを取ったり、抱き着いたり、早くも仲良しコンビ感たっぷり!

そして、気心の知れた撮影スタッフと新 TV-CM のストーリーやセリフについて確認を行う中で、「14年ってすごいね~」とポツリ。「その頃生まれた赤ちゃんが中学生になってるっていうことだもんね~」と談笑しながら、14 年という時間の長さをかみしめていました。

◇常に準備は万端!笑顔で「I'm Ready!」を連発していた綾瀬さん

撮影当日、綾瀬さんが頻繁に発していた言葉は「I'm Ready!(アイムレディ!)」。カメラ位置の変更やトーン違いのセリフの収録が行われるたび、この「I'm Ready!」で準備万端をアピールし、「ジャイアントコーン」を食べるシーンの撮影では監督の指示を待つことなく、「アイス持ってきてくださ~い」と自らスタッフに声を掛ける積極的な姿も見られました。

終始気合いが入っていた綾瀬さんは、食べるシーンでガブリと大きくかみすぎてしまい「ほぼ半分食べちゃった」と周囲の笑いを誘いながら撮影に臨んでいました。

◇チョコレート表面の霜を瞬時に消す、綾瀬さんの必殺技“フ~”

強い照明が当たるカメラ前の撮影では、「ジャイアントコーン」のチョコレート表面に霜ができ、やや曇ったように見えてしまうことがしばしばありました。その度にスタッフがブロア(小型の空気ポンプ)で風を当てて霜を取っていましたが、そんな姿を見た綾瀬さんは「『フ~』したらいいよ!」とひと言。

綾瀬さんがフ~っと息を吹きかけると魔法のように霜は消え、周囲のスタッフから拍手が巻き起こり、スタジオ内のあちこちで「さすが」とささやく声が聞かれました。

◇14 年目らしさを出した演出

イメージキャラクター歴 14 年目となる綾瀬さんは、自ら動きを演出する場面が数多く見られました。

自らの演出がバッチリ決まった時は、「よっしゃ!」と自信満々の表情を浮かべ、時には、「ちょっと変だったね!」「ちょっと待って、ごめんね!」などと、照れ笑いをする場面も。そんなお茶目な姿に周囲のスタッフから笑いを誘い、撮影は終始和やかな雰囲気でした。

■綾瀬はるかさんインタビュー

――撮影を終えた感想をお聞かせください。

「ジャイアントコーンの CM に出演させてもらって 14 年がたちました。かぶりつく感じは、チョコの割れ方とかナッツの感じとか、意外に難しいんですけど…だんだんうまくなってきました(笑)。(今回も)かぶりつくシーンが多かったんですけど、なじんできました」

――新ジャイアントコーンを食べた感想をお聞かせください。

「チョコとナッツのあたまの部分から真ん中のアイスの部分、いちばん最後のうま味がちょうど溶けて詰まった部分までチョコを増量しているので、さらにおいしかったです!」

――最近、「幸せが詰まってる」と感じたエピソードを教えてください。

「人の優しさと愛に触れた時ですね。みんなで作品をやっていて、そこにみんなで一緒に向かっている感じとか、出来たときにみんなが喜んでいる笑顔を見ると幸せを感じます」

――新 CM をご覧になる皆さんにメッセージをお願いします

「14 年目となるジャイアントコーンの CM ですが、今回もたくさんかぶりつきました。コーンのしっぽまでチョコが詰まっていて、最初から最後まで楽しめます。ぜひ皆さんも召し上がってみてください!」

タイトルとURLをコピーしました