坂口健太郎 映画『君と100回目の恋』は“恋をしたくなる、バンドもしたくなる、いろんな気持ちになれる素晴らしい作品!”

スポンサーリンク

12月12日、映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶がよみうりホールで行われ、miwa、坂口健太郎、竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希、月川翔監督が登壇した。

本作はmiwa演じる日向葵海の運命を変える為、100回人生を捧げようとタイムリープを繰り返す 坂口健太郎演じる 一途男子の長谷川陸との時を駆け巡る純愛映画。

miwaさんは「主演というのもものすごくプレッシャーを感じましたし、主題歌や挿入歌を書くという、すごく大きなチャンスを頂いて、撮影の前に曲を書いていたので、私としては撮影に入る前に早く葵海の気持ちを汲み取って、葵海が書く曲として、陸と普段暮らす中で、どんな風に曲を作ってるんだろうというのを考えながら曲を書いて行きました。その曲は監督ともいろんなやり取りを撮影前にさせて頂いて、その中で私は葵海の役作りをして行って、曲作りが役作りにもなっていたなという風に感じていて、台本を読んでいた時に曲を歌うシーンはセリフが無いので、歌詞がセリフのような役割を担うという事で、ひと言ひと言大切な言葉になるなと思いました。歌うシーンというのは目でも楽しんで頂けると思うんですけど、その歌詞、ひと言ひと言にメッセージを込めてますので、じっくり聞いて楽しんで頂ければと思います。」とコメント。

坂口健太郎さんは「大変だったのはギターでしたね。僕は初めてギターを弾いて、何もコードもわからない本当にゼロの状態から始めて、(映画の中ではギターが)すごく上手い男の子(の役)だったので、いろいろ聞きました。miwaにも・・・。」と語ると会場内がざわつき始め。miwaと呼び捨てにした事で、坂口健太郎さんは「監督の事だってもちろん監督と呼びますけど・・・。」と照れながら必死に火消し。

続けて坂口健太郎さんは「バンドメンバーでスタジオにこもって(撮影を)やっていたんですけど、“今の瞬間揃ったよね”みたいな瞬間が時々あって楽しかったです。」と本当のバンドのような瞬間を感じていたエピソードを明かしていた。

日向葵海に思いを寄せたり、相良里奈から思いを寄せられたりされる松田直哉役の竜星涼さんは「おいしい役をありがとうございます。いつもは片思いしても(恋が)実らない役を演じるので、思ってくれる人がいると心強いなと思いました。」とおいしい役にご満悦。

松田直哉から思いを寄せられる相良里奈役の真野恵里菜さんは「みんな役そのままなんです。直哉は本当に直哉で、それが本当に居心地が良くて、お芝居でもアドリブがあったりするんですけど、竜星くんがふざけ過ぎてNGになったり、竜星くんが変顔しててNGになったり、そういうのが多かったんですけど、一番場を和ませてくれましたし、みんなの架け橋になってくれました。本当に和気藹々してて良い空気の中撮影が出来ました。」と、竜星涼さんを褒め称えていた。

中村鉄太役の泉澤祐希さんは「本当に景色が綺麗で自分たちのバンドをするシーンも、前が海で開けていて、開放感があって気持ちよく撮れました。みんなでバーベキューをしたり、流しそうめんをしたり楽しい現場でした。」と語ると、坂口健太郎さんは「俺その時いなかった。」と語り場内爆笑。坂口健太郎さんは撮休で参加できなかったようだ。

月川翔監督は「ご覧のとおり眩しいくらいにキラキラしているキャストだったので胸キュンシーンは期待に絶対応えられると思います。可愛いしカッコイイし、女子はもちろんなんですけど、男子もかなり可愛く撮れたなと思っているので、期待に応えられると思います。あと、泣けるシリアスな芝居は期待を超えてくるぐらいのシーンも是非期待して観て頂けると嬉しいです。」とアピールしていた。

劇中でバンドを組んでいる事について、miwaさんは「私も学生時代にバンドを組んだ事が無かったので、バンドを組むという事が初挑戦で初体験ですごい新鮮だったんです。デビューする前は一人で弾き語りをしていて、同級生ともし大学時代にバンドを組んでいたら、こんな感じだったのかなという雰囲気で、スタジオに入って練習を何回かやって、最初に合わせた時はなかなか息が合わなくて、バラバラだったりとか、お互い違う所でミスをして、合わせていく内に、“あれ、今のすごい良かったんじゃない”と私が言った時に3人がめちゃめちゃ嬉しそうな顔をしてくれて、自分が書いた曲をこんなにキラキラした俳優さんが一生懸命演奏して練習してくれてる事に感激してました。」と話していた。

また、一途男子にして欲しい事を質問されると、真野恵里菜さんは「私、個人的には最近浮気される役をやっていたので、一途男子にはすごく憧れとか妄想が膨らむんですけど、基本はしてあげたいタイプなんですけど、こっちが疲れて仕事から帰ったくらいに、不器用な一途男子が頑張ってごはん作って、おかえりとやってくれたらめちゃくちゃイイなと思います。」と赤裸々に語っていた。

最後にmiwaさんは「私たち全力で臨んだ作品なので、きっと1人1人の心に届くと思います。過去や未来にとらわれず今を大切に生きる、そんな映画になってます。」、坂口健太郎さんは「恋をしたくなる、バンドもしたくなる、いろんな気持ちになれる素晴らしい作品を観て頂ける事が楽しみです。」と語っていた。

映画『君と100回目の恋』は2017年2月4日(土)より全国ロードショー!

映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画『君と100回目の恋』完成披露舞台挨拶より
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」場面写真 ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」ポスタービジュアル ©2017「君と100回目の恋」製作委員会
映画「君と100回目の恋」ポスタービジュアル ©2017「君と100回目の恋」製作委員会

©2017「君と100回目の恋」製作委員会

©2017「君と100回目の恋」製作委員会

映画「君と100回目の恋」公式サイト
http://kimi100.com/

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク