清水富美加 初のフォトエッセイ『ふみかふみ』が12月8日に発売決定! 高菜おにぎりが食べたくなる人も増殖中!

11月7日、女優の清水富美加さんが自身初となる1stフォトエッセイ『ふみかふみ』(幻冬舎)を12月8日に発売する事がわかった。

常に妄想を繰り広げ、もはや名人芸とも言われてる清水富美加さんが初のフォトエッセイ『ふみかふみ』には清水富美加さんのエッセイの数々に加え、かつてバラエティ番組などで披露し、お茶の間の話題をさらった「高菜おにぎりの歌」の歌詞フルバージョンも収録。

写真は2002年に『木村伊兵衛写真賞』を受賞した、鬼才フォトグラファー・佐内正史氏が担当し、独特の世界観をもつ佐内正史氏の写真と清水富美加さんのエッセイが混ざり合い、化学反応を起こす奇想天外な一冊になっている。

発売を記念し『ふみかふみ』特設サイトも開設されており、画面をタップ(クリック)すると、例の「高菜おにぎりの歌」が部分的ではあるが清水富美加さんの声で聞く事が出来、高菜おにぎりが食べたくなる人増殖中!

発売記念イベントも東京と大阪で開催される事が決定!

イベントに参加すると、イベント参加者を対象に清水富美加さん本人からのサイン本のお渡しの他に、異例の“あだ名付け会”を行なうとの事。

清水富美加さんはバラエティ番組などで、自身の携帯電話のアドレス帳には“あだ名”で登録されている事を語っており、それがきっかけでこの特典が決まったようだ。

ちなみに先日放送されたテレビ朝日「中井正広のミになる図書館」では、マネージャーを「ぶっ飛んでるヤバい人」、「栃木が生んだ美白」と登録している事を明かしており、ザキヤマこと山崎弘也さんはアゴでイジられているイメージから「オメガ(ω)」、MCの中居正広さんを髪色と口調のクセから「茶髪だべ」と名付け大きな話題となった。

清水富美加さんから直接「あだ名」を貰える事の出来るイベントは、もう二度と無いかもしれないので駆けつけて欲しい!

清水富美加 1stフォトエッセイ『ふみかふみ』より ©佐内正史 清水富美加 1stフォトエッセイ『ふみかふみ』より ©佐内正史 清水富美加 1stフォトエッセイ『ふみかふみ』より ©佐内正史
©佐内正史

<書籍情報>

タイトル:ふみかふみ

著者:清水富美加
撮影:佐内正史

ジャンル:フォトエッセイ
仕様:上製、B6変型、128ページ、オールカラー
予価:1600円
発売日:12月8日予定

『ふみかふみ』特設サイト
http://www.lespros.co.jp/special/fumika_shimizu/fumikafumi/

清水富美加コメント

なんでもないんです。

文は、とりとめのない想像とものごとの感想を徒然なるままに書いて

写真の背景は、ほぼ私服で思い出の場所や大好きな場所に行かせてもらいました。

この中で私は、笑ってたり、ぼーっとしてたり、すましたり、ブサイクだったり、浸ったりしてます。

他人が詰まった本って、そのまた他人にとってはどうでもいいことかもしれないですが、私にとってはどうでもいいことじゃないんです。この、22歳に間も無くなる女の子の中に、大切な沢山の良い思い出と嫌な思い出と、それらを作った思考回路と想像が詰まっているので。

自分だけはそれを大事にしてあげたいなと思って。

これは人間全員に言えることだと思うので。

出だしとは打って変わって

あなたにとってなんでもない

私のなんでもある、を見てもらって、

あなた自身のなんでもない、に響いたらいいな、なんて。

おえー、恥ずかしい。う、うわー。

いやぁぁぁぁあぁぁああ

まっ、あの、手に入れやすいお値段になっておりますので、気軽に手にとってみてください。笑

プロフィール

清水富美加(しみず・ふみか)
女優 、1994 年生まれ。2015年には、NHK連続テレビ小説「まれ」に、ヒロインの同級生・蔵本一子役として出演。現在放送中の「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)に花田えみり役で出演中。また、「にじいろジーン」(関西テレビ系)にもレギュラー出演中。2017年公開の話題の映画『暗黒女子』主演、『東京喰種』ヒロインで出演が決定している。

清水富美加 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/lespros_fumika

発売記念イベント情報

東京と大阪で開催!
《東京》12月11日(日)11:00〜@福家書店新宿サブナード店
http://www.fukuya-shoten.jp/event/#6492
《大阪》後日発表

タイトルとURLをコピーしました